記事の詳細

  • 手作り!パックにも使えるボディスクラブ

きれいな肌作りのためには、こするのはNGですね。

でもたまには、角質ケアが必要になることも。

「手作りボディスクラブ」で、優しくケアしてみましょう。

「手作りボディスクラブ」は、こすらないように気を付ければ、フェイスパックにも使えます。

肌が潤って、しかも身近な材料で作れます。

[スポンサードリンク]

  • ボディスクラブを上手に使って美肌を作りましょう

「こすって磨く」という意味のある「スクラブ」ですが、本当は「こする」のはNG!

古くなった角質層を取り除く効果がありますが、やりすぎると、角質が厚く固くなってしまうことも…。

正しくは、スクラブで肌をやさしく「なでる」ように使います。

潤い効果のあるスクラブでも、やっぱりお肌には負担がかかります。

ですから、やりすぎないように、週一回程度にしておきましょう。

  • 簡単・ボディスクラブレシピ

家にあるシンプルな材料で作れる「手作りボディスクラブ」レシピです。

●ソルトスクラブ

材料

・塩

・オリーブオイル(またはハチミツ)

塩1:オリーブオイル(またはハチミツ)2の割合で混ぜ合わせます。

塩は、引き締め効果や殺菌作用が期待できます。

エステでも塩を使ったスクラブが用いられています。

粗塩は、粒があらいので、かかとの角質ケアなどに使います。

細かくてサラサラとした塩を使うと、肌が柔らかくなる効果があります。

お肌の状態とか使い方で、塩を選びましょう。

[スポンサードリンク]

●シュガースクラブ

材料

・砂糖

・オリーブオイル(またはハチミツ)

砂糖1:オリーブオイル(またはハチミツ)1の割合で混ぜる。

オイルとハチミツ両方を入れてもOK。

赤ちゃんやアトピーの子にも使えるほどお肌に優しいと、人気のスクラブです。

保湿効果が高いので、唇もぷるんぷるんに!

●黒ゴマスクラブ

材料

・すり黒ゴマ 大さじ1

・洗顔料   1回分

1.黒ゴマをする。

2.1を洗顔料と混ぜて泡立てる。

黒ゴマには酸化を防ぐ効果があります。

使う直前にするのがオススメです。

●リンゴスクラブ

材料

・りんご   1個

・ヨーグルト 60g

・ハチミツ  大さじ2

1.すりリンゴを絞る。

2.絞った後のリンゴかすに、ヨーグルトとハチミツを混ぜる。

リンゴなどの果物には、フルーツ酸が含まれています。

そのフルーツ酸のピーリング効果や、ハチミツの美容効果を利用したスクラブです。

リンゴのアレルギーのある方は注意してくださいね!

●米ぬか・ガスール・バナナのスクラブ

材料

・ガスール 1

・バナナ  1

・米ぬか  1

・精製水  2

1.ガスールを2倍の水(分量外)でのばす。

2.米ぬかを混ぜる。

3.バナナをつぶしながら混ぜる。

4.精製水を加えてこねる。耳たぶくらいのやわらかさになったら出来上がりです。

ガスールはモロッコでお肌の手入れに使われてきた粘土で、ネットショップなどで安価に購入出来ます。

毛穴の汚れを吸着する効果があります。

そこに、保湿効果の米ぬか、ビタミンCを含んだバナナを混ぜた、お肌をつるんとさせるスクラブです。

[スポンサードリンク]

材料の分かる「手作りスクラブ」は、安心感がありますね。

混ぜ物の無い分、傷むのも早いですから、使う分だけ作って、使いきるようにしましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る