記事の詳細

  • コスパと効果で評判「精製水」

美容研究家にも美肌効果を認められている、お肌や髪のケアアイテムで、評判になっているのが「精製水」です。

何より、まずはその安さ!

1本(500ml)で100円前後で、美容効果抜群なので、コストパフォーマンスに優れていて評判になっているのです。

フェイスやボディに化粧水と合わせて使うことで、潤い効果をUPさせます。

さらに、髪にうるおいを与えるヘアケア用品としても使うことが出来ます。

[スポンサードリンク]

  • 精製水ってなに?

ドラッグストアでは、「コンタクトレンズ洗浄用」として売られている精製水ですので、レンズ洗浄用の薬品と思われていることもあります。

でも実は、化学物質が入っているわけではありません。

水を蒸留・濾過して不純物を取り除き、敏感な粘膜でも使えるくらいに純粋で清潔な水にしたものが「精製水」なんです。

ですから「コンタクトレンズ洗浄用」と表示されていますが、目に使えるほどきれいな水という意味で、もちろん、お肌にも安心して使うことができます。

  • スキンケア効果をUPする「精製水」の上手な使い方

精製水には、肌の状態を整えて化粧水をしみこみやすくする、スキンケアを助ける効果があります。

純粋な水なので、水道水の塩素を薄めてダメージを減らしてくれます。

ですから、化粧水の前に精製水を付けるのがスタンダードです。

さらに、染み込みやすい素直な水なので、パックにも最適です。

ただ、保湿効果アップのためには、精製水で水分を潤わせた後「油分」でふたをすることを忘れずに!

[スポンサードリンク]

  • お肌が潤う使い方色々

・朝の洗顔に

朝の洗顔を、精製水のパッティングで行ないます。

コットンにたっぷりと含ませて、拭くのではなくパッティングすることで、潤い肌をキープしましょう。

夜はクレンジングと石鹸でしっかり洗顔して、朝は精製水洗顔でシンプルにケアするのが効果的です。

・シャワー後の全身に

コスパの優れた精製水だからこそできるボディケアです。

バスルームから出る前に、全身にバシャバシャと塗って、カルキを落とします。

・精製水の「潤いスプレー」

多くの美容研究家が推奨しているのが、精製水を使った「潤いスプレー」です。

精製水と化粧水を1:1で混ぜるだけの、手軽に作れるスプレーで、日中の保湿に便利に使えます。

お肌に吹きかけたり、空気中に吹きかけたりして、乾燥しがちな日中の肌を保湿します。

スプレーした後軽くハンドプッシュで押さえておきます。

顔だけでなく、腕や手や足など全身に使えて、とっても便利です。

精製水を使った「潤いスプレー」は、市販品と違って傷みやすいので、清潔に使う3つのポイントを守って使いましょう。

1.スプレーのボトルを2本用意します。交互に使って、ポイント2の洗い替えにします。

2.一日使ったら、精製水でボトルの中を洗い、逆さにしてきちんと乾かしましょう。

3.一日で使いきれず残ってしまったものは、必ず捨てましょう。

・「潤いスプレー」で「潤い肌パック」も!

潤いスプレーを、繊維の残りにくいキッチンペーパーにたっぷりと含ませて、顔や体のパックができます。

ただ放置してしまうと、油分の無いパックなので、逆に肌の乾燥スピードが早まってしまいます。

必ず、パック時間を「5分以内」にしましょう。

[スポンサードリンク]

  • 精製水のヘアケア色々

精製水は安いですし長持ちしないので、髪や頭皮にもどんどん使って、使い切りましょう。

・地肌のケアに

洗髪後のカルキ落としに使います。

タオルドライで髪の水分を軽く取ってから、精製水を手に取り、指先で頭皮にもみこんで頭皮ケアに使いましょう。

・寝ぐせ直しに

寝癖のついてしまった髪を、精製水で整えます。

スプレーボトルに入れて使ってもいいですし、手にとってなでつけるだけでもOKです。

水道水よりも髪になじみやすいので、寝癖が直しやすくなります。

・ドライヤーのダメージ軽減に

髪に精製水をスプレーしてから、洗い流さないタイプのヘアオイルやトリートメントを付けます。

それから、ドライヤーで乾かします。

普通に乾かすより、髪がサラサラになります!

・スペシャルトリートメントができるヘアパックに

髪がひどく傷んでしまった時に、スペシャルトリートメントに使うことができます。

1.乾いた髪に精製水をスプレーし、優しくブラッシングします。

2.毛先の傷んだところに、オリーブオイルをたっぷり塗りこみます。

3.手に残ったオリーブオイルは、髪全体に塗ってしまいましょう。

4.再び、優しくブラッシングをします。

5.お風呂につかりながら10分、シャワーキャップをして蒸らします。

6.通常通りシャンプーをして、ケア完了です。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る