記事の詳細

「私、学校や職場でモテモテなんです。」 そんな経験、出来るのであれば一度はしてみたいと思いませんか?

実際どんな女性が男性にモテるのか… 男性にモテる女性の共通点はズバリ「相手に勘違いさせる事が出来る人」なんです。

この勘違いのさせ方は自然に出来る人、計算ずくでやる人と様々ですが、 男性相手に「もしかして気があるのかな?」と意識させる事で、相手にとって自分を「気になる存在」にしてしまう事が可能なのです。

では、その「勘違いさせる」のにはどんなテクニックがあるの? 今回は、モテる女性が実際に普段行っている行動5つのポイントをご紹介します。

[スポンサードリンク]

  • 相手の懐に入れる馴染みやすさ

特に初対面の時などには、どうしても緊張してしまったり、相手の性格や出かたを探り一歩引いてしまう事があります。 こんな時、笑顔でフレンドリーに話しかけてくれる女性というのは、男性にとってアプローチのしやすい存在になります。 その為、この子ともっと接点を持ちたいと思われる為、食事に誘われたりする回数も自然と増えるのです。

  • 自然にパーソナルエリアに踏み込む

自分の半径45センチ以内は心理学的に「パーソナルエリア」と呼ばれています。 本来人間は親しい人間以外をこのエリアに入れる事を嫌悪しますが、 男性の場合、状況によっては「ドキっ」とさせてしまう事が可能なのです。 会話の何気ない瞬間等、もう一歩自然に相手に近づく事で、男性はドキッとした気持ちを恋と勘違いし、アナタを異性として意識し始めるのです。

[スポンサードリンク]

  • 小さな事をお願いする

金銭の絡むもの、規模の大きな頼み事になると、完全に引かれてしまう可能性がありますが、 極簡単な頼み事の場合でも、男性は頼られていると思い、とても喜ぶものです。 例えば、落ちたものを拾ってもらう。ちょっとだけ力のいる事に手を貸して貰う。…等、 女性特有の非力さを混ぜると特に効果的です。 出来るだけ可愛らしくお願いをし、最後には笑顔で「有難う」を付け加えれば完璧です。

  • ギャップを活かす

フレンドリーさや、きさくさは勿論必要ですが、場合によってはただの「良い人」で終わってしまう場合があります。 こんな時に効果的なのは「ギャップ」です。 ギャップを魅力として引き出す時にポイントとなるのは「服装」と「態度」だと言われています。 服装は、大勢の時と、2人だけの時でカジュアル→女性らしく変えてみたり。 態度は、皆の前ではサバサバ→2人の時は少し甘えるなどにしてみたり。 様々な変化があるとは思いますが、こうした二面性は男性を強く惹きつける効果があります。 ただし、態度の面をあまりに極端にコロコロ変えてしまうと、「気分屋」「面倒でよくわからない人」と思われてしまう場合がありますので、注意が必要です。

  • グッとくる言葉を惜しみなく

ベタだと思うような言葉でも、実際に使うと相手をドキッとさせる事が出来ます。 デートの最後に「もう少し一緒に居たいから遠回りしない?」。 電話の時に「ちょっと声が聞きたくなったからかけちゃった」。 等など、恥ずかしがらずに一言を付け足してみましょう。 こういった発言は、アナタの女性らしさを引き立たせ、男性心をくすぐる事が出来ますよ。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る