記事の詳細

大好きな彼とずっと一緒に居たい。女子にとって同棲はまさに憧れの生活です。 しかし、その8割の同棲カップルが破局を迎えているということをご存知ですか? あんなにラブラブだったはずなのに、なぜ上手くいかないのか…。 主な原因は大きく分けると以下の様な場合がとても多いと言われています。

[スポンサードリンク]

  • 相手の嫌な部分を見つけてしまう

一緒に過ごす時間が長くなるほど、相手の内面や行動が今まで以上に見えて来ます。 些細な事でも、自分と相反する部分なども出てきて、そこに嫌気が指してしまうケースが多いのです。

  • 相手の魅力が薄れてしまう

薄れる…というよりは、きっと相手に慣れてしまう事が大きいのでしょう。 特に男性は「狩猟本能」という、相手を追いかけ捕まえる意識を心理的に持っています。 彼女がいつでも手の届く所にいると安心感が芽生え、逆に新しい刺激(相手)を求めてしまう場合があるのです。よって、お互いに気持ちがすれ違ってしまう事があるのです。

  • 結婚への踏み出しが出来なくなる

同棲当初は結婚を意識していたはずなのに、そのままズルズルと時間が経ち、気がついたら結婚の意識が薄れてしまっていた。 今更結婚を持ち出しても彼があまり乗り気じゃない…など、お互いの結婚観がすれ違ってしまって破局になるケースも多いのです。

では、そんな難しい同棲生活を結婚というゴールに導く為に必要な事は何でしょうか。 特に押さえておきたいポイントは【3つ】あります。

[スポンサードリンク]

1、個人の時間を大切にする どんなに好きな相手だとしても、他人である事は変わりません。 必ず、自分が1人で落ち着けるスペース・落ち着ける時間を作りましょう。 人間は自分のパーソナルスペースを持つことで気持ちを落ち着けられるので、相手と些細な面での衝突を減らすことが出来ます。 また、男性のほうがパーソナルスペースを強く好む傾向にあるため、程よい距離感を持ってたほうが、苦にならず同棲生活を進めていく事が出来ます。

2、意識して2人で外出をする 同棲カップルにマンネリをもたらす要因として大きのが、2人で外出する「外デート」をしなくなる事です。 家デートも充分魅力的ですが、新鮮味が薄れていってしまいます。 外出の為に意識してメイクや服装をきっちりしたり、時には別々に出掛けて待ち合わせにドキドキしたり。 こういったデートを意識的に行う事で、新鮮な気持ちを持続させる事が出来ます。 また、彼に女性らしい一面を改めて見せる事も長く付き合っていく上で「飽き」を感じさせないために重要です。

3、同棲前にゴール時期を決める 同棲していつまでに親と挨拶をする、いつまでに入籍をする…等二人共通の目標はしっかり決めておきましょう。 なんとなくで同棲を始めてしまうと、改めて目標を決める機会を逃してしまう場合があります。結果、ダラダラと同棲を続け、恋人がただの同居人になってしまうという事もあり得るのです。 「集団同一視」と言って、人間は同じ目標を共有して目指す事によって、より深い絆が生まれるという、心理学的見解もあります。 きっちりしすぎた計画だと、疲れてしまう場合があるので、ざっくりとしたものでも構いません。 二人の将来については同棲前に話し合っておきましょう。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る