記事の詳細

ふと男性の傍に立った時に「あ、この人いい匂いがする」なんて感じた事はありませんか? 話を聞いてみたら、特別香水など香りを発するものを付けている訳ではない…。 逆に、どんなに顔が好みでもこの人の匂いだけは絶対無理!と感じる男性もいます。

実はこれ、あなたの遺伝子から発せられた彼に対してのサインなのです。

[スポンサードリンク]

  • 女性は男性を匂いで判別する

生物学者のミリンスキー氏とヴェーデキント氏の研究によると、女性が匂いによって男性に惹かれるのは「MHC遺伝子」が関係していると言われています。 このは「MHC遺伝子」は「主要組織適合性複合体」主に免疫系において重要な役割を担っています。

「MHC遺伝子」はその形が人それぞれによって違います。 人間はより良い遺伝子を残すために、自分には無い形の遺伝子を本能的に探しています。 遺伝子のタイプが異なれば、結合した時により免疫力が高く、病気になりやすい遺伝子が生まれる為です。 結果女性は、この「MHC遺伝子」が異なる男性というのを本能的に「嗅ぎ分けて」いるのです。 その為、「MHC遺伝子」が異なる男性の傍にいくと、どことなくいい匂いがしてきて、この人と一緒になりたい!と遺伝子が訴え始めるのです。

これが、女性が男性の匂いに反応するメカニズムなのです。

  • Tシャツテスト

この匂いに関する遺伝子の反応を更に実証する為に、 1995年、ヴェーデキント氏によってユニークなテストが行われました。 それが「Tシャツテスト」です。

 ・44人の男性が2日間連続して着続けたTシャツを用意する  

・生理中の女性49人にその匂いを嗅いでもらう (整理中の女性はホルモンバランスが活発になり、嗅覚が通常よりも鋭くなる為)

この結果、ほとんどの女性が好みの匂いだとしたのが、自分とは違う遺伝子をもつ男性の匂いでした。 上記の女性たちは逆に、自分に近い遺伝子の男性の匂いは「好みでは」無い、と答えています。 また、ピル(経口避妊薬)等を服用し、擬似的な妊娠状態となっている女性に関しては、自分に近い遺伝子の男性の匂いを好むという結果も出ています。 この事から、妊娠していない女性だけが異なる遺伝子を持つ男性の匂いに惹かれている事がわかります。

まさに子孫を残そうとする、人間の本能的なサインが現れていると言えるでしょう。

[スポンサードリンク]

  • 迷った時は匂いで選べ!

ここまでご紹介した事で、匂いとパートナーの関連性がいかに密接かをご理解頂けたかと思います。 そこで実際自分が男性選びに迷った場合はズバリ「匂い」に従ってみるのも良いでしょう。

 ・相手の匂い(香水等では無く、本人の匂い)を嗅いでいても苦にならない。むしろ良いと感じ、もっと嗅いでいたいと思う。

この場合、相手との相性はかなり良いでしょう。 逆に少し傍にいっただけで、あまり匂いが好みじゃないと感じる場合には、相性が好ましいとは言えません。長い付き合いを望む場合には避けたほうが良さそうです。

さらに、「MHC遺伝子」で相性が良いとされる男女は好みの香りが似るとも言われています。 香水、洗剤、入浴剤、その他匂いを発するものの好みが近い場合にも、良いパートなる確率が高いのです。

また、気になる男性の匂いが自分好みだった場合「いい匂いしますね」と声をかけてみるのも効果的です。 相手もあなたの匂いに反応するようになり、合う匂いであれば二人の仲は一気に縮まるでしょう。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る