記事の詳細

  • 大和撫子のキレイの秘訣を知って美人になろう!

昔から受け継がれてきた化粧品は、時代が変わっても スキンケアとして取り入れたいものばかり。

大和撫子たちがキレイな肌づくりに愛用してきた3つのコスメをご紹介しましょう!

[スポンサードリンク]

  • 室町時代から受け継がれる「ヘチマ美容」

ヘチマは室町時代に中国から日本に伝わり、化粧水として使われるようになったとされます。

ヘチマに含まれる美容成分は、サポニン、ペクチン、カリウム、たんぱく質、多糖類。 このうちサポニンは注目すべき成分です。 サポニンには、火傷や傷などの消炎効果、肌荒れ改善、 皮膚の新陳代謝促進の効果があります。

このサポニンはヘチマの葉に多く含まれ、ヘチマの葉エキスを 配合したコスメも多く販売されています。

  • 京美人に大流行した「米ぬか美容」

玄米を精米するときにとれる「米ぬか」は、古くから美容効果があると愛されてきました。 肌に潤いを与えて透明感を出し、シミをうすくし、お風呂に入れると湯冷めしにくいと言われます。

石鹸がまだなかった時代、京都の女性たちは米のとぎ汁で顔を洗っていました。 すると肌がスベスベになり透明感が増したと評判になり、大流行したそうです。

美容に使われる米ぬかは4回精米しないと採れない貴重なものです。 精米の工程によって「赤・中・白」と3種類あり、スキンケアに使うのは白の「化粧ぬか」です。

米ぬかを配合した化粧水やパウダーは多くありますが、 美容効果をよりよく実感するために、添加物などを含まない純度の高いものが良いですね。

[スポンサードリンク]

  • 江戸時代の美容書にも書かれた「バラ美容」

ローズウォーターなどの化粧水やクリーム、パック、ヘアケア、フレグランスなど、 バラを使ったコスメはたくさんあります。 江戸時代に発行された美容書「都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)」には、 バラを用いた化粧水の効果について書かれています。

・肌のつやを出す ・肌をきめ細かく整える ・肌の匂いを良くする

・肌のはれものを抑える

もとは西アジアでバラの花の蒸留が盛んに行われ、それが江戸時代に日本に伝わりました。

バラには肌の状態を整える以外にも、香りによるリラクゼーション効果もあります。 主にダマスクローズが香料として使われます。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る