記事の詳細

  • 間違ったムダ毛処理を行っていませんか?

女性なら欠かせない、ワキ、腕、足などのムダ毛処理。 間違ったムダ毛処理を行っていると、剃り跡に赤いプツプツができたり、 黒ずみなどの肌トラブルにつながったりします。

一般的に知られているムダ毛処理法でもこんなにデメリットが。

・カミソリ 肌の潤いやキメを整える角質まで一緒に削ってしまう

・毛抜き 毛穴に雑菌が入り込んでしまって炎症につながる

・ワックス カミソリと同じように、角質まで剥がしてしまう

[スポンサードリンク]

  • ムダ毛の自己処理に最適なアイテムとは?

色素沈着、内出血、毛嚢炎、埋没毛などの肌トラブルを起こすリスクの少ない 自己処理アイテムは、”「剃るタイプ」の電気シェーバー”です。

使い続けて数ヶ月すると、自己処理でダメージを受けた肌の状態も改善しますよ。 ただし、「抜くタイプ」の電気シェーバーは毛抜きと同じように 肌に負担がかかるため、「剃るタイプ」を選びましょう。

ムダ毛をより深い部分でキャッチしてくれる、 「フィリップス(PHILIPS)」や「ブラウン(Braun)」社の男性用シェーバーが おすすめですが、女性専用のシェーバーでも構いません。

  • 電気シェーバーで綺麗に脱毛!

電気シェーバーで綺麗に処理するコツは「生えている毛を確実にキャッチして剃る」こと。 そこで役立つのが「トリマー」です。 電気シェーバーを選ぶ時にはトリマーが付いている商品を選びましょう。

長い毛はシェーバーがうまくキャッチできません。 そこで、トリマーであらかじめ伸びてしまった毛を短くカットしておくのです。

トリマーを使うと、ムダ毛の剃り残しを防ぎ、処理時間を短縮できます。 トリマーを使うときは、肌を擦らないように注意!

[スポンサードリンク]

  • 残った毛も「トントン」してすっきり

しっかりトリマーを使ってから電気シェーバーを使っても毛が少し残ってしまうこともあります。 そんなときは、垂直に電気シェーバーをあてて、トントンと軽く叩くだけ。 上から押し付けることでヘッドの穴に毛がはまり、綺麗に脱毛ができますよ。

トントンするときには力を込めないように注意!

  • 電気シェーバー後のスキンケア

ムダ毛の処理に痛みを伴わないのが、電気シェーバーや電気カミソリのメリットです。 ですが、まったく肌に負担がないわけではありません。 肌を荒れさせないためには、ムダ毛処理後のスキンケアもしっかり行いましょう。

・脇の下への制汗剤は処理前に行い、処理後は避ける

・膝下や腕などに、刺激の強いクリームや化粧水を塗るのを避ける

・クリームなどを塗る前に、コットンなどに含んだ冷水でパッティングする

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る