記事の詳細

  • 睡眠不足はオンナの大敵!!

不眠などで寝不足の状態が続くと、脳に大きな負担をかけます。 それは睡眠を促進する物質である「サイトカイン」や「プロスタグランディン」が 過剰に分泌されるため。 寝不足になると神経が高ぶってイライラしますよね。

また、夜ふかしは肌のターンオーバーを阻害して、肌トラブルの原因にもなります。 肌が生まれ変わると言われる「ゴールデンタイム」には睡眠をとるように、 安眠できる方法を確認しておきましょう!

[スポンサードリンク]

  • 寝る前にイヤなことは考えない!

「考えるな」と言われてもけっこう難しいですよね。 うまく思考をチェンジできるように工夫してみましょう。

「仕事のことは、帰宅途中や帰宅してすぐの1時間だけ考える」 など、自分なりのルールを作っておくのも良いです。

また、寝る前に仕事のメールチェックをするのも避けましょう。 強いカフェインを飲んだ時と同じくらいの覚醒効果があるので注意!

  • 寝る前にスマホは使わない!

ベッドに入ってからのスマホやiPadは、交感神経が活発になって、 頭がどんどん覚醒して不眠の原因になってしまいます。 スマホを触っていたらいつの間にか数時間経っていたなんてこともありますよね。

スマホなどのモバイルは寝るときには手が届かないところに置いておきましょう。

[スポンサードリンク]

  • 部屋の明かりは強すぎないものに!

夜遅くまで強い光を浴び続けていると、生体リズムを整えてくれる「メラトニン」の分泌が減ってしまいます。 部屋の明かりは、夜には間接照明や暖色系のものに変えると良いですよ。 スマホの明かりやモバイルのバックライトもメラトニンの分泌に影響を与えるので、 注意しましょう!

  • 安眠グッズでぐっすり!

触っていると安心できるもののたとえ、「ライナスの毛布」。 不眠対策にも効果があります。

眠る時には、お気に入りの安眠グッズを抱いて寝たり、 肌触りの良い抱き枕に抱きついて寝たりすると良いですね。

静か過ぎると寝れないという人には、波音のような安眠音楽も効果的です。

  • 規則正しい生活を心がける!

「22~23時の間に寝る」など、寝る時間を決めると眠りやすくなります。 夜更かしのクセがついている人はなかなか最初は寝つけないかもしれませんが、 しだいにその時間帯になると眠るように体が覚えてくれます。

[スポンサードリンク]

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る