記事の詳細

  • 馬油が肌に良いワケ

馬油(バーユ)とは、馬の脂肪を煮詰めて取り出した油脂から不純物を取り除いたものです。 昔から中国では火傷や切り傷の治療薬として重宝されてきました。

脂肪酸と呼ばれる人の皮脂などの脂質は、ビタミンと同じように 様々な種類に分かれていて、その種類は40種類以上。 馬油には、オレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸など、 人体の脂と共通する脂肪酸を多く持ち、割合が似ていることから、 肌への負担が少なくて浸透しやすいと言われています。

[スポンサードリンク]

その中でも若さを保つ油とも呼ばれるパルミトレイン酸は年齢とともに 減少してしまうので、馬油から補充するのが有効と言えます。 また、馬油に含まれるリノール酸は人の体脂に含まれていません。 リノール酸には肌の抗炎症作用や保湿効果があるため、美肌に効果的です。

  • 馬油を使った肌のナチュラルケア

馬油によるケアはとっても簡単。 さまざまな場所にお使いいただけます。

保湿ケアに馬油はうってつけです。 洗顔後に顔全体に薄く馬油を伸ばすだけで、肌の乾燥をしっかり防ぎます。 顔に塗るときは馬油をハンドプレスで温めておくと伸びが良くなりますよ。

[スポンサードリンク]

肌の乾燥やハリが気になる人におすすめなのが、入浴中に行う馬油パック。 洗顔後に顔全体にたっぷり馬油を伸ばして、湯船に浸かりながら10分置きましょう。 あとは軽く洗顔するだけ。 しっとりモチ肌に生まれ変わりますよ。

  • さらに馬油でヘアケアまでできちゃう!

馬油にはスキンケアのほかに、髪のトリートメント効果や育毛効果が あるとも言われています。 ヘアケアとしておすすめなのが、ワックスやスプレーの代わりに整髪に使うこと。 皮脂に近い成分なので、髪への負担も軽く、自然に仕上がります。 敏感肌の人でも安心して使うことができますよ。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る