記事の詳細

  • 正しく選ばないと肌トラブルにつながるメイク落とし

スキンケアの基本は、実は「メイク落とし」。 化粧水や乳液でしっかりスキンケアしているつもりでも、 間違ったメイク落としを選んでいると、肌の乾燥やくすみにもつながりますよ!

ホットクレンジングなど新しい商品が続々と登場しているメイク落としですが、 ちゃんと使い分けているでしょうか? オフィスでのメイクと休日やデートのときのメイクが違うように、 生活シーンによって違う化粧の仕方に合わせてクレンジングも使いこなしましょう。

[スポンサードリンク]

  • クレンジングはメイクの汚れで選びましょう

顔の汚れは「油性よごれ」と「水性よごれ」の2つに分かれます。

・がっちりメイクさん メイクは水では落ちない油性よごれ。 油性よごれをしっかり落とすには界面活性剤の力が必要です。 界面活性剤が多いオイルタイプのクレンジングが、毛穴まで入り込んだ化粧品を 落としてくれます。

その反面、洗浄力が高いので大きな負担が肌にかかります。 毎日オイルタイプを使用していると乾燥肌が進行してしまう可能性も! 特に季節変わり目などは肌が敏感になるので注意しましょう。

・薄づきメイクさん 界面活性剤が比較的少ない、クリームタイプや乳液タイプのものを選びましょう。 また、ジェルタイプで話題のホットクレンジングもいいでしょう。

オイルタイプより洗浄力は劣りますが、皮脂を落としすぎないので肌への負担が 軽いのが特徴です。 メイクがちゃんと落ちているか不安かもしれませんが、クレンジング後の 洗顔をきっちり行えば大丈夫です。

[スポンサードリンク]

  • オススメできない拭きとりタイプのメイク落とし

”拭くだけカンタン”が嬉しい拭きとりタイプのメイク落とし。 ですが、どんなに優しいコットンを使用していても肌をこするこの方法は、 残念ながら肌に良いとは言えません。

アルコールが配合されているタイプも多いので、肌がさらに乾燥してしまうことになります。

口紅を落とすのに使うという人もいるかもしれませんが、 肌よりもデリケートな唇は、優しく軽くプッシュして、 コットンに色を移すように使うのが良いでしょう。

  • 肌に負担をかけない”キレイ”を楽しむ!

肌に負担をかけずにうるおい肌を保つコツ。 それはメイクの仕方を工夫することです。

たとえば、アイメイクはバッチリだけど、肌はBBクリームでナチュラルに仕上げるメイク。 この場合、クレンジングは目元にはオイルタイプ、肌はミルクタイプと、 メイク落としを使い分けることによって肌への負担を減らせます。

また、仕事のときはがっちりメイク、休日はナチュラルメイクにするなどの、 メイクによってメイク落としを使い分けるのも良いですね。

メイクの仕方とクレンジングを工夫してうるおいのある肌を守りましょう。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る