記事の詳細

  • クマはできかたによって3種類に分けられる

目の下のクマには、その色で3つの種類に分けられることをご存知でしょうか? クマができる原因によって見た目の色が違ってきますし、その対処法も違ってきます。

自分はどのタイプのクマかを見極めて正しく対処しましょう!

[スポンサードリンク]

  • 血行不良の青いクマ

疲労や睡眠不足で血行不良になってできる青クマ。 目尻を軽く横にひっぱってもクマが動かないのが特徴です。

青クマをなくすためには血行を良くすること。 蒸しタオルや入浴で目の周りを温めて血行を良くしましょう。

血行を良くするためにツボ押しも効果的。 目頭、眉頭、目尻、目の下のくぼみのやや下の順番で、 目の周りをぐるっと一周やさしく押してあげましょう。

日頃からしっかり睡眠を取ることで青クマ予防になりますよ。

  • 色素沈着の茶色いクマ

シミやソバカスと同じように皮膚の色素沈着によってできる茶クマ。 目尻を軽く横にひっぱると皮膚と一緒にクマも動くのが特徴です。

残念ながら一度出来てしまった茶クマは、シミと同様消せません。 肌のターンオーバーで徐々に薄くなるのを待ちましょう。 その際に気をつけるのは次の3つのこと。

・紫外線に弱いのでUVケアはしっかりと行う

・メイクはしっかりと落とす

・こすったり刺激を与えないように

[スポンサードリンク]

  • たるみの黒いクマ

たるみやシワによって下まぶたが下がって影ができるのが黒クマ。 影なので、目尻を軽くひっぱるとクマが見えなくなります。

黒クマに大切なのは目元の保湿。 乾燥によって目元のシワが増えると黒クマもひどくなります。

そして、たるんだ下まぶたをリフトアップする筋トレも効果的。 目の周りの眼輪筋というドーナッツ状の筋肉を鍛えましょう。

・眼輪筋エクササイズ 薄目を開けた状態を10秒間キープしましょう。 このとき鏡を見ながら、下まぶたが2~3mm上がっていることを確認してください。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る