記事の詳細

http://news.nicovideo.jp/watch/nw935525

俗に言うPMSとは月経前症候群のことで、女性の8割が経験者です。たとえるなら、『イライラする。気分が落ち込む。身体の具合がなんとなく悪い』などといったはっきりしない症状ですが、月経の約二週間前(黄体期)で基礎体温の上昇期でもあります。イライラが高じて食欲過多になってしまうなんて言うのも当てはまる症状の一つになるでしょう。

PMSについては、男性だけでなく女性もまだまだ認識が低く理解されにくい症状ですし、自分自身わかっていない女性も多くいます。でも、PMSだからと言って、仕事や学校を放棄してもいいという事にならないのが世の中であって、あなた自身も生理痛が酷いからとか、月経前症候群だからと仕事を休むことができない、というのが現実ではないでしょうか?

[スポンサードリンク]

ならば、少しでも軽減できれば楽になるのです。現在は、ピルなどで軽減させる方法が多いのですが、まずは食べ物で改善できれば薬に頼らなくて済みますよね。できれば、ピルは使いたくない……色々な弊害があるから、という人も多いでしょう。

まずは、手軽に摂取できそうなフルーツなどいかがでしょう。

冬の時期、血流は寒さによって滞りがちですし、冷えは女性の体に一番の天敵ですから、それを改善してくれるフルーツやジュース、ゼリー、ジャムなどを試してみてください。

  • イチゴ

いつも私たちがイチゴの果実と思って食べているのは、じつは花托(カタク)の肥大したもの、本当の果実はぶつぶつと表面にくっついている種の様な部分です。果実の部分が何処かはともかく、イチゴはビタミンCを豊富に含んでいて美肌効果が高く月経時の肌荒れ予防にいい事はよくご存じでしょう。

それだけでなく鉄分も多く、豊富に含むビタミンCはその鉄分の吸収を助けるので月経時には欠かせない鉄分の補給も助けてくれます。とともに、水溶性の食物繊維ペクチンを含み塩分の排せつを促進してくれのでむくみ解消にも味方になってくれ、整腸作用もあるので月経前症候群時の過食には、胃の具合整えてもくれます。

  • ブルーベリー

ブルーベリーと言えばアントシアニンですよね。CMでも流れていて何度も耳にしますが、ブルーベリーが豊富に含むアントシアニンは眼精疲労の改善、視力回復だけではない効果があるんです。アントシアニンには抗酸化作用があり、がん予防は勿論ですが、シミやそばかすにも効果を発揮しますので、月経時のくすみやシミの浮いたような肌状態には効果的です。

[スポンサードリンク]

もうひとつ、ブルーベリーに含まれるビタミンEは血行促進効果が高く、血液の循環を良くしてサラサラにする働きがあり、月経時に冷えによる血液の滞留に悩む女性にとってその効果は大変有効でしょう。

  • クランベリー

クランベリーに多く含まれるプロアントシアニジンAには、感染菌の増殖を防ぎ体内に残留するのを防ぐ働きなどがあり、尿路感染症の治療に注目されています。

月経時には、自身の経血によるかぶれやかゆみに悩まされますが、それはまさに細菌が繁殖しやすい状況にあるとも言えるので、同じ個所に存在する尿道口にも注意が必要ですから、クランベリーの摂取はその不安を軽減してくれるでしょう。とともに、カルシウムも多く含みますから、月経前症候群時、月経時のイライラも軽くしてくれますよ。

ただし、クランベリーは肝薬物代謝酵素CYP2Cに影響するとの報告もありますから、自身の飲んでいる薬との兼ね合いには注意が必要です。

  • グレープフルーツ

気分をすっきりさせてくれるグレープフルーツは、今日はどこにも行きたくないっなんてブルーな気分に突入してしまったときに最適。とくに、朝一番のグレープフルーツは、摂取することだでなく、香りが気持ちをリラックス、リフレッシュしてくれます。もちろん、血行促進効果もありますから、冷え冷えさんにも効果的です。

血圧のお薬を飲んでいる方は、種類によっては飲んではいけない場合がありますから、かかり付け医に相談してから頂きましょう。

  • まとめ

これまでに紹介したフルーツは、食べるだけでなく、ジュースに、ゼリーに、ジャムにとできるのも助かる一つ、手軽に自分に合う摂取の仕方をチョイスして、月経前症候群、月経痛と向き合ってみてください。

[スポンサードリンク]

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る