記事の詳細

ダイエットはいくつになっても、女性の永遠の課題と言っても過言ではないほどですよね。

それにプラスして、「せっかく痩せるのなら、綺麗に痩せたい」と思っている女性は多いのではないでしょうか?

でも、せっかく痩せたというのに、なんだか顔が痩せる……ということがあります。

顔が痩せて、なんだか老けるように見えてしまう?ということに繋がることも……。

せっかく痩せたのに、どうして老けるような印象になってしまうのでしょうか?

そして、それを防ぐ、改善するためにはどうしたらいいのでしょうか?

どうして顔が痩せると老けて見えるの?

「痩せたのに老けて見える」というのは、大変不本意なことですよね。

「せっかく痩せて綺麗になるはずだったのに……」とがっかりしてしまうこともあるでしょう。

どうして痩せると顔が老けた印象になってしまうのでしょうか?

「老けて見える」という印象は、このようなことから感じやすいでしょう。

  • 頬がこけて見える
  • 皮膚がたるんで見える
  • 肌のハリが足りなく見える

これらはどうして起こってしまうのでしょうか?

そしてこれから「ダイエットをするけど、痩せたことで老けて見えないか心配」という方も、予防のために参考になるかもしれません。

加齢によるもの

年齢を重ねることによって、どうしてもこの現象は起きやすくなってしまいます。

特にアラフォー世代から感じはじめるという方が多いようです。

これはやはり、肌のハリがだんだん落ちてくることが挙げられるでしょう。

肌のハリが落ちてくることで、体の脂肪が落ちたことで、肌も落ちてくるような印象になってしまう場合です。

栄養が足りていないこと

ダイエットのために、極端な食事の仕方をすると、栄養不足になることがあります。

  • 食事を抜く
  • 過度にカロリーや栄養をカットしてしまう
  • ひとつのものだけ食べ続ける

このようなダイエット方法ですと、栄養不足に陥り、肌の綺麗さやハリなどが失われてしまうことがあります。

それにより、顔が痩せて老けた印象になってしまっているのかもしれません。

栄養不足になると、体は「飢餓状態である」と思ってしまいます。

それにより、生命維持に直接関係のない部分から綺麗さは削られていってしまうのです。

表情をあまり動かさないこと

気が付くと、いつのまにか無表情になっていたりしないでしょうか?

表情があまり変わらないと、表情筋をあまり動かさないことになりますから、表情筋が落ちていってしまいます。

それにより、落ちた筋肉により頬がこけて老けて見えてしまっている場合です。

体や心の調子が原因である場合も

体や心の不調が原因である場合も考えられます。

体の調子が悪かったり、ストレス過多でメンタルが不安定になってしまっていると、げっそりとして見えることがありますよね。

その表情や印象により、老けたように見えてしまうということもあります。

また、体や心の調子が悪いことで食事も喉を通らず、悪い意味で痩せてしまい、その結果老けた印象に……ということもありえるでしょう。

老けた印象になるのを改善&予防するには?

顔が痩せて、老けた印象になってしまうのは、このようなケースが考えられると見てきました。

では、どうしたら老けた印象になってしまうのを改善や予防したらいいのでしょうか。

原因を見てきましたから、それを改善したり見直すことが一番でしょう。

たとえばこのようなことに気を付けてみましょう。

栄養をしっかり摂る

ダイエット中こそ、栄養をしっかり取るべきです。

栄養が足りないと、「飢餓状態である」と体が判断してしまうことがあるのでしたね。

なので、食事は栄養バランスよく、しっかり食べましょう。

カロリーカットをするにしても、栄養までカットしないように気を付けましょうね。

特に年齢を重ねた方は、栄養をしっかり取りながら、「健康的にじっくり痩せる」ということが、キレイをたもったままダイエットをするコツでもあります。

おすすめ栄養素

栄養を摂るときに、顔が痩せてしまうことを防ぐためには、このような食べ物や成分を摂ると良いでしょう。

  • たんぱく質
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

たんぱく質は、健康な血肉を作るのに欠かせません。「高カロリーだから……」といって、カットしすぎるのはおすすめできません。

たんぱく質を摂るときにおすすめなのは、大豆製品です。豆乳などですね。

女性のキレイに効果のある、大豆イソフラボンを含んでいて、「肌の綺麗さ」「女性ホルモンを整える」などのはたらきを得られるためです。

コラーゲンはヒアルロン酸は、肌のハリをたもってくれる栄養素として有名ですよね。

コラーゲンやヒアルロン酸を含んだ食べ物を食べるようにすると良いでしょう。

コラーゲンをたくさん含んだ食べ物としては、豚足や鶏の皮などが挙げられます。

表情筋を動かす

無表情から顔が痩せて、老けて見えてしまう場合もあるのでしたね。

この場合はやはり、表情筋をよく動かすようにすることが大切になってきます。なるべく表情豊かになるように心がけましょう。

一番大切なのは、「よく笑う」ことです。つらいことがあっても、笑顔でいるとその効果で心まで元気になってくる、という説もあります。

これは「心(メンタル)の調子が悪い」というときにも、おすすめです。

笑うことで、心が晴れることもあるでしょう。

もしくは、表情筋を動かすような運動をしてみるのも良いでしょう。

代表的なのは「あいうえお体操」ですね。

ゆっくりと「あ」「い」「う」「え」「お」の発音のとおりに口を開けて、顔を動かす体操です。

体や心の調子を整える

痩せるために体や心の調子を崩してしまっている場合は、特にこの部分を改善したほうがいいかもしれません。

綺麗に痩せるということは、元気な体や心でいるということです。顔の痩せも同じです。

普段から体を動かすように心がけましょう。

運動とまではいかなくても、少し歩く距離を増やしたり、階段を使ったりと、できることは意外とあります。

また、心の調子を整えるのには、やはりストレス発散が一番です。

誰かに話を聞いてもらう、好きな趣味をする、など自分に合った方法を見つけてみましょう。

顔の印象も綺麗に見せたい!

顔が痩せると老けて見えてしまう、原因や改善策などについて見てきました。

ダイエットをして、顔が痩せてしまった場合は、原因と思われる部分を改善してみましょう。

そして年齢が原因であっても、加齢は誰にでも起こりうることです。

改善策をとることで、改善や予防ができるかもしれません。

せっかく痩せるのでしたら、綺麗な印象を与えるように痩せたいですよね。

体も心も元気でいられるように。そして綺麗も両立できるといいですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る