記事の詳細

最近、日々の暮らしの中で「夫も歳を取ったんだなぁ」と感じることがありませんか?

私の夫も、まさにそう感じることが増えてきました。

そんな折りに何とか夫の役に立たないかと色々調べたところ、クラチャイダムゴールドを見つけました。

最初は半信半疑で試してみましたが、今では充実した生活を送っています。

そんな充実した夫婦生活を送るためにもクラチャイダムゴールドがおすすめです。

クラチャイダムゴールドは精力増大・滋養強壮で有名な「クラチャイダム」という成分が成分中の殆どを占めています。

精力剤サプリの中でクラチャイダムゴールドは「クラチャイダム」の含有量がNo.1です。

クラチャイダムには、「アルギニン」という精力増大に欠かせない成分が豊富に含まれています。

「アルギニン」は精力・滋養強壮・持続力のアップが期待出来る成分です。

そんな「アルギニン」が豊富に含まれている「クラチャイダム」を簡単に摂取出来るクラチャイダムゴールドが他の精力サプリメントとどのように違うのか、実体験で特徴と効果を感想をまじえてご紹介します。

クラチャイダムゴールドの特徴と効果

クラチャイダムゴールドの特徴と効果を実体験を元にご紹介します。

クラチャイダムゴールドの特徴

クラチャイダムゴールドとは「クラチャイダム」という東南アジア原産の植物の成分を含有した精力剤です。

アルギニン配合量
現在販売されている精力剤には殆ど含まれている「アルギニン」ですが、有名なレッドブルなどのエナジードリンクにも配合されている成分でもあります。
その「アルギニン」の含有量が圧倒的に多いのが「クラチャイダム」です。
「アルギニン」を含有する成分で有名な「マカ」よりも倍近く「アルギニン」を含有しています。
※アルギニン含有量はマカの約2.3倍
その「クラチャイダム」で成分中の殆どを占めて作られているのがクラチャイダムゴールドです。
夫婦の営み、夫の自信回復に絶大な効果を発揮します
BCAA配合
BCAAは、Branched Chain Amino Acidsの頭文字です。
必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのことを言います。
近年では、筋タンパク質中に非常に多く含まれていることから、筋にとって非常に重要なアミノ酸であると注目を集めています。
筋肉のスタミナは勃起力の維持につながっていきます。
勃起は海綿体細胞の膨張と下腹部からつながる筋肉の緊張状態によって起こります。
すぐに萎んでしまう人は、海綿体と筋肉の持続力が不十分なことが原因のひとつです。
そこでBCAAの成分が持続力をアップさせ、硬く強い勃起力・途中で中折れしない状態が期待できます。

クラチャイダムゴールドの効果をレビュー

クラチャイダムゴールドを夫が3ヶ月実体験しました。

  • 精力がみなぎるのが速い
  • 持続時間が長い
  • 効果が現れるまで期間を要する
精力がみなぎるのが速い
クラチャイダムゴールドを飲むと、精力がみなぎるのが速くなります。
いつでもセックスのスタンバイがOKになり、スムーズな夫婦の営みへと変化しました。
仕事で疲れて帰宅しても、精力がみなぎるのが見て取れました。
持続時間が長い
途中で萎えてしまうこと無く、お互い楽しみながら最後まで盛り上がれます。
クラチャイダムゴールドを服用する前はセックスの最中に柔らかくなってしまい、体位を少しでも変えようものなら中断することもしばしばありました。
そのせいでお互い気まずい雰囲気になることも多かったのですが、見事に改善されました。
主人の対応も余裕が出て、頼もしさを感じます。
効果が現れるまで期間を要する
効果を実感するには服用開始からある程度の時間を要します。
個人差は有るかと思いますが、私の夫の場合は効果が実感できるまで2週間くらいかかりました。
それはクラチャイダムゴールドが「クラチャイダム」の成分に特化した商品だからかもしれません。
「シトルリン」など血流を改善する成分が入っていないため、速効性が劣るのかもしれません。

持続力強化に「クラチャイダムゴールド」

クラチャイダムゴールドは精力増大・滋養強壮アップに効果が発揮出来るサプリと言った感じです。

持続力・滋養強壮を解消するには「クラチャイダムゴールド」がおすすめです。

意識せずに集中力がアップし、お互いに気まずくなること無く最後まで楽しめます。

  • 夫婦の営みがうまく行かなくなった。
  • 意識して集中しないと行為に及べない。
  • いい雰囲気だと思っていても中断してしまう。
  • 持続力がなく、最後まで到達できない。

こんなお悩みがご主人にあるなら、クラチャイダムゴールドを是非とも試してみてください。

今までとは全く違う激しく楽しい時間を味わうことができる・・・はずです!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る