記事の詳細

肌のお悩みの中でも、実はひそかに悩んでいる方の多い、鼻。

黒ずみができたり、プツプツ、ザラザラしていたり。メイクをしてファンデーションやコンシーラーを塗っても、どうしても隠せない…ということもあると思います。

そんな鼻のお悩みの元になっているのが、角栓。

角栓とは、本来ならば、特に押し出したり処理をしなくても、肌のターンオーバー(皮膚細胞の新陳代謝)によって自然に剥がれ落ちるものです。

ただし、肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、これらが残ってしまって、肌を黒ずませたりざらつかせたりしてしまいます。

肌に優しく処理をするにはどうしたら良いのでしょうか?正しい角栓の対処方法について紹介します。

やってしまいがちだけど絶対NG!こんな処理方法

角栓ができてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。自力で取ってしまう方もいるかもしれませんが、実はこれはNGな方法です。

ピンセットなどでむしり取る

ピンセットや指でつまんで押し出す、引っ張り出す方法がありますが、この方法を使うと毛穴が開きっぱなしになったり、周りの肌を傷つけたりする恐れがあります。

角栓を無理やり引っ張り出して毛穴を開かせてしまうと、そこに皮脂や汚れが入り込み、また毛穴を詰まらせてしまうことになりますので、やめましょう。

継続的に鼻パックをする、鼻パックをした後の放置

角栓がごっそり取れて気持ちはいいかもしれませんが、前述のように毛穴を無理やり開かせてしまうことになりますし、シートで鼻の皮膚も傷めてしまいますのでオススメはしません。

しかし、どうにもこうにも綺麗にしたい時ってありますよね。

毛穴パックをする場合には、使用頻度とアフターケアに気をつけて使用しましょう。

毛穴パックは、パックをした後に

  • 必ず保冷剤・氷で冷やす
  • 保湿ケアを重点的にする

この2つの行程が大切になってきます。ここが角栓の詰まりやすい開き毛穴を作るか作らないかの分かれ道です。

鼻パックをした後の毛穴は、パカっと口を開けた状態になっています。

それを放置し、鼻パックを続けていくということは、どんどんと毛穴を広げていくことになりますので、処理した後に放置することは、絶対にやめましょう。

角栓は毎日の洗顔でどんどん目立たなく出来る

角質の除去や予防には、やはり毎日の洗顔を良いものにしていくことが一番です。

クレンジングで落としきれなかったファンデーションの汚れなどが毛穴に詰まり、それが角栓の原因になっていることもあります。メイクはきちんと落とすように心がけましょう。

特に角栓ケアがしたときのクレンジングには、オイルタイプやゲルタイプなどの吸着型がおすすめです。

しっかりとメイクを落としきったら、きめ細かい泡でしっかりと顔を洗いましょう。洗顔フォームは、しっかりと泡立てることが美肌の鍵になります。

手でこするだけの泡ではなく、しっかりとした泡を作って下さいね。

肌を強くこすらなくても汚れはきちんと落ちますので、泡を撫でるように優しく洗いましょう。

そして、ぬるま湯を使って洗い流します。

少し手間かもしれませんが、洗い終わった後の肌の質感は明らかに違うはずです。

ぜひ試してみて下さい。

ただ、落とし過ぎも良くありません。

蒸しタオルで洗顔効果アップを狙おう

スペシャルケアとして、週に1、2度蒸しタオルで毛穴を開かせて、汚れを落としやすくする方法です。

効果的ですが、肌の水分を蒸発させてしまうという面がありますので、毎日おこなうと肌が水分不足になってしまいます。こうなると逆効果ですので、あくまでもスペシャルケアとして、毎日はおこなわないようにしましょう。

蒸しタオルはメイクを落としたあと、洗顔前におこないます。

メイクを落とす前だと、ファンデーションなどのメイクや汚れた皮脂が、蒸しタオルによって開いた毛穴に入ってしまいますので注意しましょう。

【 蒸しタオルの作り方 】

    1. タオルを水で濡らし、軽く絞る
    2. 清潔なお皿に乗せる
    3. レンジで30秒~1分ほど加熱する
  1. 広げて軽く振り、肌に当てられる程度まで冷ます

蒸しタオルができたら、3分ほど顔に乗せます。タオルを外したら、肌がまだ温かいうちに洗顔しましょう。

顔を洗ったあとには保湿を忘れずに

化粧水は、コットンがびたびたになるくらいたっぷり使います。

最後のケアを惜しんでしまうと肌に染み込む水分も減ってしまいますので、ここはケチらずに贅沢に使いましょう。

角栓の対策や予防などについて、ここまで見てきました。まずは「作らない」「毛穴を広げない」ということが一番大切ですね。

日々の生活を少し見直すことで、角栓の目立たない綺麗な肌を手に入れましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る