記事の詳細

 

ぬいぐるみは、知らぬ間に増えてしまいますよね。数が多くなると場所を取り、時間の経過とともに汚れやほこりの定着も気になるものです。ぬいぐるみの処分を考えたとき、どのようにすればいいか、迷うことがあります。ぬいぐるみに思い入れがある場合は、手放すときにそのまま捨てるのが忍びないという思いに駆られるでしょう。ぬいぐるみの正しい処分方法を理解し、戸惑うことがないようにしておきましょう。
今回は、ぬいぐるみの処分方法についてご紹介します。

  1. ぬいぐるみの処分について
  2. ぬいぐるみの処分方法
  3. ぬいぐるみの処分でよくある質問
  4. まとめ

この記事を読むことで、ぬいぐるみを捨てる手順や有効活用する方法などがよく分かります。ぬいぐるみの処分を考えている方は必見です。

1.ぬいぐるみの処分について

ぬいぐるみを捨てるときは、ぬいぐるみ特有の悩みが出てきます。処分前にやっておきたいことなどをまとめました。

1-1.ぬいぐるみを普通に捨てていいのか?

通常なら、ぬいぐるみは燃えるゴミとして出すことができます。しかし、思い出が詰まったものであるため、捨てるまでに気持ちの整理が必要です。加えて、迷信のように囁(ささや)かれているのは、ぬいぐるみを捨てると呪(のろ)われるのではないかということでしょう。というのも、目のあるものは捨ててはいけないなどと、よくいわれているためです。そのため、供養などをしてから処分するという方もいます。

1-2.処分する前にやっておきたいこと

ぬいぐるみを処分する前にやっておきたいことは、今まで癒(い)やしてくれたことへの感謝の念を持ち、ぬいぐるみの旅立ちを後押しすることです。使わないのに手元に置いておくより、新たな持ち主に有効活用してもらえるほうが、ぬいぐるみにとっても喜ばしいことでしょう。感謝の念を持って処分するようにしてください。
また、思い出のあるぬいぐるみなら、写真を撮って記念に残すなど、愛情を形にして手元に置いておく方法もおすすめです。

2.ぬいぐるみの処分方法

ぬいぐるみの処分は、単純に捨てるという方法以外にも再活用する手段があります。供養についても理解しておきましょう。

2-1.譲る・寄付

福祉施設や児童養護施設などでは、寄付を募っている場合があります。海外の支援団体でも受けつけている場合もあるでしょう。たとえば、ぬいぐるみを寄付することにより、ワクチン接種費用や募金に変えることができ、社会貢献活動につながるのです。寄付先により、引き取りできるぬいぐるみの数や状態などの条件は異なります。また、常に寄付を受けつけているとは限りません。受け入れ先を探す場合は、インターネットで「ぬいぐるみ 寄付」と検索すれば見つけることができます。

2-2.リサイクルショップなどの買取

状態がいいぬいぐるみや有名ブランドのぬいぐるみなら、リサイクルショップで買取対象となる可能性があります。ノベルティーなどの限定ぬいぐるみも同様です。ほつれや汚れがあるものは、買取が難しいと考えておきましょう。臭いが残っているものも避けられます。買取相場は、ぬいぐるみ1つあたり数円から数百円と幅があるのが特徴です。まとめていくらと算出する場合もあるでしょう。メーカーや状態で買取価格に差が出るのが特徴です。

2-3.ネットオークションやフリーマーケット

自分でリセールする方法として、ネットオークションやフリーマーケットの活用があります。希望する価格での売却が叶(かな)う場合もありますが、買い手がいない場合は処分を考えなければなりません。売りたいぬいぐるみはなるべくきれいな状態にしておき、高値で売れる工夫をすることも大切です。
フリーマーケットの場合、値引き交渉をされることもあります。インターネットのフリマアプリで売却する場合は、送料を負担しなければならないなど、発送に関する負担も考える必要があるでしょう。とはいえ、買い手が決まったら、ぬいぐるみを有効活用できたという達成感を抱くことができます。

2-4.神社などでの供養

神社では、人形供養をしているところがあります。神社を探すときは、インターネットで「人形供養 (地域名)」で検索してください。人形供養は、ぬいぐるみ以外の人形も受けつけています。葬祭場でも開催している場合があるでしょう。神社では読経を行い、供養してからお焚(た)き上げなどをして処分します。心置きなく処分できる方法で、思い入れがあるぬいぐるみの処分も安心して行うことができるでしょう。人形供養の費用として、数千円のお布施が必要になる場合があります。依頼する神社に問い合わせをし、費用について確認してください。

2-5.ゴミとして捨てる場合

ゴミとして捨てる場合は、前述したとおり、燃えるゴミとして出すことができます。ゴミ袋に入れ、指定日に出してください。そのまま捨てるのは忍びないという場合は、清め塩を軽く振ってから処分するといいでしょう。というのは、清め塩をすることで、いったん心の区切りがつくからです。思い出に写真に撮る・清め塩を振るという作業をするだけで、ぬいぐるみへの執着心から解放されます。

3.ぬいぐるみの処分でよくある質問

ぬいぐるみを処分するときは、疑問がいくつか出てきます。質問集を参考に、ぬいぐるみの処分を進めてみてください。

Q.ぬいぐるみを捨てるときに大切なことは?
A.長年愛用してきたぬいぐるみを処分するのですから、後悔なく捨てるように準備することが大切です。むやみに家庭ゴミに混入し、もう少し丁寧に捨てればよかったなど、後ろめたい思いをしないようにしましょう。

Q.自宅でお焚(た)き上げをしてはいけないのか?
A.庭がある場合、自宅で燃やす方法を思いつくことがあります。しかし、ぬいぐるみには化学繊維が含まれており、燃やすことで近隣への悪影響を及ぼす可能性が高いでしょう。また、自宅でゴミを燃やすことは、条例などで禁止されている場合があります。お焚(た)き上げをするなら、神社などに持ち込むようにしてください。

Q.どのようなリサイクルショップなら、ぬいぐるみの引き取りが可能なのか?
A.雑貨を多く扱うリサイクルショップなら、買取の可能性が高いでしょう。家電や家具など、大型製品に軸を置くリサイクルショップでは、ぬいぐるみなどの小さなものは取り扱わないことが多いものです。ショップの傾向は事前にリサーチしておき、複数のショップで査定を受けて決めましょう。

Q.ネットオークションやフリーマーケットは手間がかかるのではないか?
A.確かに手間がかかります。ネットオークションでは、購入希望者に分かりやすく情報を提供し、状態が伝わるようにしなければなりません。発送時の梱包(こんぽう)なども時間と手間がかかります。フリーマーケットは出店準備が必要など、時間のロスが多いものです。一方、売れた場合は、処分する予定だったぬいぐるみを収益に変えることができるメリットがあります。

Q.親しい人に譲る方法で処分するメリットは?
A.顔の見える相手に譲ることができ、愛用してきたぬいぐるみを大切にしてくれる様子が分かるのがメリットです。見知らぬ相手に譲るより、安心感を抱くことができるでしょう。

4.まとめ

いかがでしたか? ぬいぐるみは愛着があり、簡単に処分することができません。とはいえ、数が増えてしまい、場所を取って困るというケースもあるでしょう。不要になったぬいぐるみを整理する方法として、リサイクルショップの買取やネットオークションなどで売却する手段があります。ゴミとして捨てる場合も、清め塩をして心の区切りをつける方法がおすすめです。また、神社で人形供養を依頼する方法も選ばれています。寄付なども視野に入れ、ぬいぐるみの処分を考えましょう。後悔のない方法を選び、上手にぬいぐるみの整理を進めてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る