記事の詳細

最近、多くの方が気にされている「骨密度の低下」。
健康診断などで指摘され、初めてその危険性に気付く方も多いようです。
骨密度の低下は、自覚症状なく進行しますから、指摘される前に積極的に骨のケアを始めたいものです。
とはいえ、正しい骨のケアをするには、どんな方法があるのでしょうか?
正しい方法を理解いただくために、骨が生まれ変わるメカニズムからお話しいたします。

「骨」は日々、少しずつ生まれ変わっている?

硬くて、丈夫なイメージの「骨」。
実は、骨は日々生まれ変わっています。成長期に骨が伸びたり、骨折しても修復されたりするのも、骨がちゃんと生きている証拠なのです。
骨は、古い骨を壊して骨にあったカルシウムを溶かし出す「破骨細胞」と、新しい骨を作るためにカルシウムを定着させる「骨芽細胞」の2つの働きによって、日々生まれ変わっています。
この2つがバランスよく働くことによって、骨の健康は維持されるのです。

ところが、骨量は男女とも20〜30代にピークを迎えると、加齢によりこのバランスが崩れ、骨量は低下します。
特に女性は、50代前後の閉経をきっかけに骨量が急降下します。
女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏によって、新しい骨を作る働きよりも、古い骨を壊す「破骨細胞」の働きが活発になることが原因です。

とはいえ、男性も油断はできません。
元々骨量が多く、診断で指摘されにくいのですが、気付いたときには深刻な健康リスクを生じていたというケースも・・・。 実際に国内でも、骨の健康に悩む男性は約300万人1に及ぶと言われています。
何かしらの対策を打たないと、骨密度の低下は避けられません。
骨のケアの重要性にいち早く気付き、少しでも骨量の減少を抑えることが大切です。

1:骨粗しょう症の予防と治療ガイドライン2015年版 第1章骨粗鬆症の定義疫学および成因 B.骨粗鬆症の疫学

骨を強くするにはカルシウム!?それだけでは不十分なワケ

そこで骨の健康のために、乳製品や大豆製品、小魚などを意識して摂取する方も多いのでは?

実際これらに多く含まれるカルシウムをはじめ、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨形成を助けるビタミンKやマグネシウム、骨吸収を抑えるイソフラボンなども、骨の健康のためには大切な栄養素です。
しかし、骨の健康には骨形成と骨吸収(破壊)がバランスよく働く必要があります。
骨に良いとされるこれらの栄養素は、実はどちらか一方にしか効果はありません。

知ってて良かった!骨密度を高める新成分「MBP

そこで注目したいのが、機能性たんぱく質「MBP」。
雪印メグミルクが永年の研究によって発見した、「破骨細胞」と「骨芽細胞」の両方に働きかけ、双方から骨密度を高めてくれる画期的な成分なのです。

MBPは、牛乳にごくわずかしか含まれない希少な骨のケア成分。
ほんの微量ですが骨の健康に大きく関わる、とっても貴重な成分なのです。

実際に、1日40mgのMBPを6ヶ月間摂取し続けた結果・・・なんとMBP摂取者の骨密度が平均でおよそ3.0%アップ!骨密度の増加が科学的に実証されています。
MBPを摂取していない人と比較してみても、6ヶ月間で両者に4.3%もの差が生じるという結果になったのです。

そんな効果が認められているMBPの1日分摂取量40mg、この量を牛乳だけで摂取しようとすると牛乳4本分(約800ml)に相当します。
牛乳で摂取するのは、ちょっと難しそう・・・。

MBPの摂取には「毎日骨ケアMBP

雪印メグミルクが開発した『毎日骨ケア MBP』なら、たった1本(50ml)で牛乳4本分(約800ml)のMBPが摂取可能です。

そんな『毎日骨ケア MBP』が、リピート率95%2そして販売実績7,000万本3以上の大ヒットを遂げているのには、こんな理由がありました。

2:2016年4月1日~2016年6月30日に定期コースをご購入いただいたお客様のリピート率(2017年6月30日時点)
3:2017年6月30日現在

①「骨密度を高める」と言える国内で唯一のトクホ飲料

消費者庁から「骨密度を高める働きのあるMBPを配合」したトクホ(特定保健用食品)として許可されているドリンクです。

② 定期で実感!飲み続けてイキイキした毎日に!

 ※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

③ 試せば分かる!飲みやすいブルーベリー風味

牛乳味が苦手な方でも飲みやすいと評判!
1日1本目安ですから、量が多くて飲みきれないという心配も不要。常温での保存が可能なので、寒い季節でもムリなく飲み続けることができそうです。
(但し、この商品は牛乳由来のたんぱく質を含みます。)
初めてだから、という方には1本あたり98円のお試し10本セット980円(税込)がオススメです。

送料無料!お試し10本セットはこちらの公式サイトから

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る