記事の詳細

おすすめランキング1位のリバイブラッシュ、私が試してみました!ほかにもいくつかまつげ美容液は使ってきましたが、ようやく大本命にたどり着いた・・・!

プチプチにくるまって、やってきました!楽しみです。

中には定期コース・まとめ買いコースの案内(私は今回単品購入しています)、さらにまとめ買いコースがさらにお得になるハガキ(なんと3本まとめて買うと1本プレゼント!)、返金保証のお知らせ、そして説明書が。赤と黒のデザインでまとめられてます。

箱も赤と黒でスタイリッシュ。力強い配色・・・!ピンクや白っぽい色味が多かったので、かなり新鮮です。

本体は黒地でシルバーのロゴ。マスカラとかアイライナーっぽい見た目です。

見た目がシンプルなので、旅行に持って行っても目立ちませんよね。普通のメイク用のコスメっぽい。

リバイブラッシュはチップタイプ。肌あたりもソフトなので、敏感な目元でも安心です。

ちょうど適量がチップについてくれるので、筆と違って量の調整がほとんど必要ありません。たまにこれ足りてる?っていうようなのもありますが、こちらはしっかり液が絡んでいるのが目でも確認できるくらい。これをまつげの生え際に軽く塗っていきます。

リバイブラッシュを使用してみる

それでは早速使ってみましょう~♪最近は筆タイプが多かったので、量の調整がいらないチップタイプはとっても楽!

サラサラでもなく、粘っこすぎることもなく、ちゃんとまつげの根元に留まってくれるテクスチャー。ねっとり過ぎると翌朝に目ヤニっぽくなってしまったり、使用後のメイクがなかなかできなかったりするんですけど、リバイブラッシュはちょうどいい使用感。それでいてなじみもいいのですぐに次のスキンケアに移れます。

リバイブラッシュは生え際だけではなくまつげ全体にも使えます。その分まつげのハリやツヤの効果も筆タイプのものより早く実感できた感じ!

筆のほうがピンポイントで狙えるのは確かですが、チップタイプも先端が少し斜めにカットされているのでそこを使えば下まつげにも使えます。そもそもリバイブラッシュはうっかり目に入っちゃっても全然沁みない・・・!そして朝の目ヤニもありませんでした。

気になる!リバイブラッシュを続けた結果は・・・?

というわけで使い続けてみることに!エマーキットやリバイタラッシュは夜のみの使用で、今回のリバイブラッシュは朝晩2回。1度増えたくらいではそんなに手間暇変わりません。

スキンケアの前にちょっと足すだけだし、メイクまでの時間は特に変化はありませんでした。塗るたびにまつげの変化を期待して、念を送る日々です。

リバイブラッシュの使用前はこんな感じ。

ちょうどほかのまつげ美容液を使ったあと、2か月位何もしていない状態。せっかく伸びてても、続けなければどんどん長いまつげは抜けて短いのばかり。

というわけで、そもそものまつげの長さはこんなもん、ということで・・・。伸ばし甲斐があるってもんです。

・2週間後
伸びたかどうか、自分でも微妙・・・?というレベルですが、まつげのハリツヤだけはしっかり実感!透明マスカラを塗っている時のまつげの弾力が違う!!これは今後に期待大!

・4週間後

片目だけで失礼しますが、こちらが1か月後。自分ではしっかり伸びた感覚あり!マスカラを塗る時に少しずつ違いを実感できています。が、まだすっぴんの状態では家族や友人にはわからないみたい。でもマスカラを塗ったら「マスカラ変えた?」と友人から聞かれました。

・8週間後

結果は画像を見てもらった通り!特に1か月過ぎたあたりから、ぐんぐん効果が出てきました。ノーマスカラでもこれだけバサバサに伸びるんです!もちろん自分だけではなく、家族や友人にも気づいてもらえるレベルです。

マスカラを塗った日にゃ完全にマツエクに負けてない!そして職場でもマツエクにしたの?と聞かれるほどに。

下を向くと本当にバッサバサ。まつげデラックス夫人にもお褒めの言葉をいただきました(笑)

それにしてもリバイブラッシュの効果はかなりのものです。しばらく隙間が開いちゃっていた箇所のまつげもちゃんと伸びるんです。

そしてなんと目尻の産毛まで濃くなった(笑)
しばらくは塗り方を工夫&産毛処理も頑張ります!

でもそれくらいのまつげが伸びる効果があるってこと!この長いまつげが手に入るなら、ちょっとくらい産毛処理するのなんか気になりませんよ、私は!
ちなみに使い続けて2~3か月にかけての期間が一番長さが出た時期でした。

この辺はほかの美容液と変わらないですね。
(私は大体2本は続けて使うようにしています。)

まとめ

口コミでも人気の高いリバイブラッシュはまつげデラックス夫人のおすすめランキングの1位の商品でもあります。

周りではまだマツエクの人が多いので、どんどんオススメしていきます!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る