記事の詳細

血管の健康はシトルリン

シトルリンと言えば、男性の精力増強や性器増大などの効果イメージがありますが、基本的に血管の健康をサポートする働きをします。

今や、生活習慣病の中で最も恐れられている、動脈硬化の予防にも、シトルリンは大きな役割を果たしているのです。

動脈硬化はご存知だと思いますが、血管の内側が狭くなって、スムーズに血液が流れなくなる症状です。

その結果、心疾患や脳血管疾患などを引き起こし危険な病気の代表格です。

このような、病気にならないように、協和発酵バイオのシトルリンは、大いに期待出来るサプリメントです。

シトルリンは一酸化窒素の生成を高めて、血管を広げる効果があるので、めぐりに関しては、シトルリンを補給することで予防することが出来る優れものです。

シトルリンが冷え症やむくみ改善

冷え症は、女性の悩みの1つであり、決して少なくありません。特に、冬になれば、冷え症で悩んでいる人が増えだします。

これは、血流の悪化が原因ですが、冷え症は、さまざまな身体の部分に不調を与えます。

冷え症は、肩こり、便秘、生理不順などを引き起こしますが、更に慢性化すると、老化を加速させます。

その結果、シミやシワ、たるみが生じて、見た目年齢よりも老けて見えたりします。

また、真夏で30℃以上の気温でも、部屋の中はエアコンで快適な温度を保っていますが、足先の温度が低くなっている人は結構いらっしゃいます。

これも、冷え症です。足の指は冷えて冷たく感じているのですが、上半身は暑くて汗がでていたりします。

また、のぼせた気分になったりします。この、身体の温度差は、血流によるものです。

そして、手足のむくみです。むくみでブーツを履くことが出来ないことがあります。

この、むくみも血流の滞りによるものです。協和発酵バイオのシトルリン効果は、この末梢の血流を改善することで、スムーズな血の流れを促します。

血管は、血液とともに栄養素などを身体の隅々まで運ぶ重要な働きをしています。また、老廃物なども運び出す働きをするので、シトルリンを有効的に摂ると、冷え症やむくみは改善されるのです。

冷え症になる原因とは・・

今の暑い季節では、エアコンが原因でもあります。私達は暑いとか、寒いなどは、体内温度の調整を司っている機能が働いています。

でも、エアコンを使っている部屋に長時間いると、神経機能が鈍って来るのです。

皮膚から感じる暑いとか寒い、冷たいなどの指令を正しく脳に伝えることが出来なくなってしまいます。

この、間違った皮膚からの指令を受けた脳が、身体を温める血液を送り込んだりするので、余計に身体を不調にさせる結果となるのです。

また、過度なストレスやタバコも毛細血管を収縮させるので、血流障害や血行障害になり、冷え症の原因になります。更に、運動不足や食生活にも関係してきます。

このような、原因で冷え症になりますが、アミノ酸である、シトルリンを摂ることで次第に血流を良くして冷え症やむくみを改善させます。

めぐりが悪くて悩んでいるあなた、協和発酵バイオのシトルリンを是非お試しください。

★ボタン★

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る