記事の詳細

「健康診断の結果が良くなかった・・・」
「食事の度にコレステロールに気を遣うのは面倒だなぁ・・・」

万病の基となるLDL(悪玉)コレステロール。放っておくと生活習慣を始め、命に係わる病気にも。

しかし、いきなり食生活を変えるのは簡単ではありませんし、続けるのはもっと難しいですよね。

そんな人におすすめしたいのが、飲むだけでLDLコレステロール対策ができる大正製薬の「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」です。

注目成分は、LDLコレステロールの数値を下げることができる「キトサン」という成分です。

このキトサン配合のヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲めば本当に気軽で続けやすいLDLコレステロール対策ができるのか?
飲んだ人の口コミ・体験レビューを徹底解説していきます。

■大正製薬の青汁の口コミ・体験レビューのテーマ

  • 大正製薬の青汁が飲みやすくて続けやすい理由
  • 大正製薬の青汁の口コミの解説やQ&A
  • 大正製薬の青汁のキトサンがコレステロールに効く理由

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの口コミ・評価結果

 

評価コレステロール値が高めでメタボ体型気味の方向けの青汁です。

 

  評価 ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンのレビュー
口コミ・評判   メタボやコレステロールが気になる人の評判が高い
  超微粉砕製法で非常に溶けやすいが、美味しいとは言えない
成分   カニ由来のキトサンが悪玉コレステロールに効く
安全性・製法   阿蘇地方の九州産の大麦若葉を厳選して使用
コスパ  

1包あたり税込36円でコスパ最高クラス

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンはこんな人におすすめ!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンがおすすめな人

  • 悪玉コレステロール(LDL)の数値を下げたい人
  • コレステロールの吸収を抑えたい人
  • トクホの青汁で安心して健康になりたい人

大正製薬が販売している【ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン】は、悪玉コレステロール(LDL)を低下させたり吸収を抑える効果が期待できる「キトサン」を配合しているので、悪玉コレステロールの数値が高めで気になっている人におすすめです。トクホ(特定保健用食品)なので安心して健康維持に役立てたい方にも最適です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは、栄養豊富な九州産の大麦若葉やカニの殻由来のキトサンを厳選し、絶妙なバランスで配合してつくられています。まろやかですっきりとした口当たりが、飲みやすくて評判の商品です。

配合している素材は、こだわりの「超微粉砕製法」によって、細かく粉末化。大麦若葉やキトサンの栄養素をまるごと摂取することができ、野菜不足で悩んでいる方にもおすすめなこの青汁を今回は徹底レビューしていきます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを実際に注文して飲んでみました!

注文して3日ほどでヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンが佐川急便で届きました!

大正製薬と書かれたダンボール箱に入っていました。ミシン目が付いていて、開けやすくなっていていたので助かりました。こういう気配りがさりげなくていいですね。

こちらがヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの箱を開けた状態です。届くまでは、「1080円だから1週間分くらいかな~」と思っていたのですが、1080円でたっぷり1ヶ月分の量が届いたので驚きました。こんなに入っていて1080円はかなりの高コスパです。

中身を取り出してみると、商品の箱とおまけのシェイカー、折りたたんだ冊子類が入っていました。綺麗に梱包されていたので好感が持てました。

こちらはヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの箱に同封されている冊子類です。並べてみると結構な量ですね!内容は、商品の説明の冊子、定期コースの説明の冊子、お客様のお声が書かれた紙などです。

それから、定期お届けコース優待特典の冊子や、大正製薬からのお手紙も入っていました。 なんと写真の応募シールを集めると、「日本各地のちょっといいもの」が当たるキャンペーンを行っているみたいです。面白そうなキャンペーンでわくわくしました。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンに同封されている手紙の内容は非常に丁寧で、「さすが創業1912年の歴史がある製薬会社!」と関心してしまいました。お客様を第一に考える大正製薬の思いが伝わってきますね。

こちらがヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの箱のアップです。緑色とオレンジ色を使ったパッケージで元気な印象ですね。 商品名を分かり易く記載してあるので、買い間違える心配がなくて安心です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンのおまけで付いていたのは、こちらのシェイカーです。大正製薬のロゴが印象的ですね。シェイカーを使って青汁を作ると、粉末が水に溶けやすくなります。素早く青汁を作ることができるので、忙しい朝に必須のアイテムといえますね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの箱の中身はこちらです。3gの青汁が箱の中に30包入っています。小分けになっていると持ち運びができ、旅行などにも持っていけるので助かりますね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの箱の裏には飲み方が書いてあります。

「1袋(3g)を、100mlの冷水またはお湯に溶かし、よくかき混ぜてお召し上がりください」とあったので、その通り作って飲んでみようと思います。 個人的には牛乳や豆乳と割るのも好きなので、その日の気分に合わせ、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの飲み方をアレンジしていこうと思います。

こちらがコップに粉末を入れた状態です。粉末の状態は、ほぼ抹茶と変わりないですね! 色は緑色で、非常に細かい粉末です。香りは、ほんのり抹茶の香りがします。 いつも飲んでる青汁の粉末よりもヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの方がサラサラしていて、水に溶けやすそうです。

普段飲んでいる青汁と比較した写真です。 右がヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンで、左が普段スーパーで購入している青汁です。ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの方は、塊がまったくなく、サラサラしているのが写真を見て分かりますね。

では、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを作ってみます。こちらが水100mlを入れ、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの粉末を溶かしている画像です。5回ほど振ると、しっかりと混ざった青汁が出来上がりました。やっぱりシェイカーは手軽で良いですね!あっという間に青汁が完成しました。

こちらがヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンをシェイカーからコップに注いだ状態です。ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの粉末と水がしっかりと混ざっているのが、見て分かりますね。水に溶かすと、青汁独特の青臭さが出てきますが、ほんのり香る程度なので全然気になりません!青汁が苦手な方でも、この程度の香りなら飲みやすそうですね。

水を入れた状態も比較してみました。右がヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンで、左が普段スーパーで購入している青汁です。

右のヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの方が、明らかに濃い緑色をしています。これだけ濃い緑色をしているということは、大麦若葉がしっかり凝縮されて入っているという証拠ですね。

しかも驚いたことに、時間が経っても右のヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの方は、分離せずにしっかり混ざったまま!水に溶けやすいのが、写真を見て分かりますね。 左の、普段飲んでいるスーパーの青汁は分離してしまい、下の方に粉末の塊があるのが分かりますね。

そんな大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを実際に飲んでみたら・・・

大正製薬の青汁は超微粉砕製法でとても飲みやすい

結論超微粒粉砕法は大麦若葉をとても細かく粉砕することで飲みやすくなり栄養を効率良く補給できます!

飲んでみて一番に感じたことは、喉越しがすっきりとして飲みやすいということです。やっぱり「超微粉砕製法」の効果なのか、粉末が水にしっかりと溶けていて飲みやすいです。

普段飲んでるスーパーの青汁は、しっかりと溶けきれてないため、喉を通る時にざらざらとした嫌な感じがあるのですが、こちらはそれが全く感じられなかったです! 味に関しては、青汁というよりもほんのり甘い抹茶を飲んでいるという感覚でした。飲みごたえがあるので、小腹が空いた時に摂取するのも良さそうです♪

一般的に使われている圧搾製法では、搾り切れなかった食物繊維などの大切な栄養素は、捨てられてしまいます。

超微粉砕製法とは、直径0.1mm以下にまで細かく大麦若葉を超微粉砕する方法のことです。固体に対して外力を加えて細かくし、粒をさらに細かくします。

作用する力は圧縮力、剪断力、衝撃力、磨砕力の4つであり、この4つが作用することにより超微粉砕製法が実現します。一般的な大麦若葉の青汁でよくみられる「粉っぽさ」も同時に解消され、口当たりのよい飲みやすい青汁となります。

超微粉砕製法ならば、積極的に取り入れたい食物繊維を粉末化することができるので、大切な栄養素を無駄にすることがなく、大麦若葉の栄養を逃さずに、摂取することができます

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの良い口コミ

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを実際に飲んでいる人から寄せられた良い口コミを色々な口コミサイトから集めてみました。

 

人間ドックで悪玉コレステロール値が薬を飲むレベルと言われ、更年期で日々体調が変動するのに薬を飲み副作用が現れるのかもしれないのが嫌だったので3ヶ月後の再採血までこちらを試してみようと思い1日3包飲み続け3ヶ月後正常値まで下がった!(引用 Amazon)

更年期で高コレステロール。LDL244が1ヶ月で152へ!(引用 Amazon)

この青汁を飲んで毎日過ごし3か月再検査した際には、コレステロール値が正常値に戻った主人。健康のお守りのために今後も長く続けたい商品です。 (引用 みん評)

購入してから一月半経ちましたが、この前たまたま血液検査をしたら数字が基本値に下がってました えっ👀⁉て感じでした、しかも1日三回が理想と書いてありましたが私は1回でも十分でした。後、お通じの方もバッチリです。(引用 ヤフーショッピング

甘みや苦みのバランスがよく、飲みくちがさわやかだったので、ゴクゴクと飲める。後味が残らない点も、個人的には満足できた。(引用 価格com)

これを飲んで3ヶ月くらいの頃健康診断が有り、結果は一年前の健康診断の時より体重は増えていたけれどコレステロールは下がっていました。今でも毎日飲んでいます。 飲み始めてから排便も沢山出るようになりました。(引用 ヤフーショッピング)

初めは青汁なら何でも良いと思っていましたが、こちらの商品は飲みやすいのでリピートしています。野菜不足解消、長年の胃腸の悩みを解決したく毎日朝に頂いています。味も青臭くなくてスッキリと飲みやすいお味です。子供が2人(3歳、11歳)ですが青汁なら普通に飲んでくれます。(引用 みん評)

口コミを見た限り、

  • 実際にLDLコレステロールの数値が低下した
  • 結果が出るまで飲み続けられる味

であることが特徴だと言えます。 LDLコレステロールへの特効薬は存在しませんから、「実感・結果が得られる+続けるのが簡単」なことは、LDLコレステロール対策にとって非常に重要な点です。

そして、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは「飲みやすさ」にも人気があります。 順調にLDL(悪玉)コレステロールの数値を下げることができるのも、飲みやすく続けやすいからこそですね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの良くない口コミ

ここまでは、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの良い口コミをご紹介してきました。 次は「良くない口コミ」をご紹介していきます。

 

すっきりと飲めるので、毎日続ける製品として好印象でした。ただし、本当にさっぱりとしているので、味わいながら飲みたい人には不向きかもしれません。(引用 価格com)

まだ、もう少し続けないと、効果がないのかなと思います。(引用 Amazon)

結果はまだどうかわからない。(引用 ヤフーショッピング)

購入してから何回も飲んでいないので、分かりませんが、悪玉コレステロールが下がることを大いに期待して飲み続けようと思っています。(引用 ヤフーショッピング)

良くない口コミで多かったのが、「飲み始めなので効果が感じられない」というものでした。

また、その「飲みやすさ」から、青汁独特の味を期待している人には、少し物足りなく感じてしまうようです。すっきりとゴクゴク飲めるほど飲みやすいので、青汁の味が大好きな方には向いていないようです。

大正製薬の青汁のキトサンがコレステロールに効く

「キトサン」とは、キチンを化学処理し、加工してつくられた不溶性食物繊維です。キチンとはカニなどの甲殻類の殻に含まれる食物繊維です。このキチンには、LDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きがあります。

このキチンを加工した「キトサン」を定期的に摂取することで、血中悪玉コレステロール値の低下を期待することができます。

キトサンがコレステロールの吸収を抑える理由

肝臓で作られる胆汁酸とは、脂肪を吸収しやすくする作用があり、血中コレステロールを材料にしています。「キトサン」を摂取していると、胆汁酸はキトサンに吸着され、便として排泄することができます。

排泄で失われると、体は胆汁酸を沢山作ろうと動くので、血中コレステロールが活発に使われ、結果減らすことが出来ます。

 

キトサンの効果

キトサンが胆汁酸(血中コレステロール)をどんどん排出

胆汁酸(血中コレステロール)の消費が激しくなる

血中コレステロールを減らす

これが、キトサンがコレステロールの吸収を抑えると言われている理由です。

コレステロール対策は飲み続けることが重要

キトサンの摂取は続けることで効果があらわれます。

しかし、食事でキトサンを補おうとすると、甲殻類の殻を摂取しなくてはいけません。甲殻類の殻を毎日食べるとなると、粉末化してふりかけにしたり、殻つきで食べられるサイズの料理を考えなくてはいけませんが、かなりの労力になります。

これでは毎日の摂取どころか、長続きさせることも困難になってしまいます。

キトサンの摂取で大事なのは「継続」です。

摂取を継続させるポイントはこの2つです。

  • 摂取が簡単であること

  • 摂取が苦にならないこと

そこでおすすめなのが、キトサンの含まれているトクホの青汁で、毎日キトサンを摂取するという方法です。青汁で摂取する方法ならば、簡単にこの2つをクリアすることができます。

青汁と聞くと味を気にしてしまう方もいますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの青汁は飲みやすく工夫されており、粉末状で溶かすだけで簡単に摂取できるようになっています。

食物として毎日の摂取が難しかったキトサンが、おいしく、毎日簡単に摂取できるのです。

実際に大正製薬が行った試験の結果では、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを4週間飲み続けたところ、血中の悪玉コレステロール値が低下したという報告もあがっています。

キトサンは食事と一緒、または食後に摂取するのが効果的です。

この点でも、キトサンをトクホの青汁で摂取するというのは、非常に効率の良いことが分かります。特にヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは飲みやすいので、食事と一緒にお茶の代わりとして、簡単に摂取することもできますし、食後にサッと溶かして飲むこともできます。

そもそも、コレステロールとは?

コレステロールとは、人間の体の中にある脂質の一つで人間の細胞膜を形成するのに必要な材料です。他にも、性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)や副腎皮質ホルモン、胆汁酸などを作る時にも使われています。

コレステロール単体では血液に溶けこむことができないため、体の中でたんぱく質と結びつきます。たんぱく質と結びつくことにより、血液に溶け込み全身に届けることができます。この血液にコレステロールが溶けている量(数値)が、健康診断での血液検査で「HDLコレステロール」や「LDLコレステロール」と呼ばれています。

コレステロール値が高い=重病のリスクが上がる

コレステロール値が高い状態を「高脂血症」「高コレステロール血症」といいます。これらをまとめて「脂質異常症」と呼びますが、脂質異常症になってしまうと、様々な病気のリスクを伴います。

脂質異常症でリスクが上がる病気

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 大動脈瘤、大動脈解離など

コレステロールはバランスが重要

コレステロール値が高いと病気のリスクが上がってしまうので、低い方が良いと思いがちですが、コレステロールは人間の体を作るのに必要な材料なので、低いと血管が細く弱くなり、脳出血を引き起こすリスクが上がります。

コレステロールで重要なのは、「正常な数値であること」です。

コレステロールのバランスは加齢とともに変化する

コレステロールのバランスは加齢とともに変化します。

男性の場合は、総コレステロールやLDLコレステロール、中性脂肪は上昇していき、中年期にピークを迎えます。やがて、高齢期に入ると減少していく傾向にあります。

女性の場合は、閉経後からコレステロールに変化が表れはじめます。総コレステロールやLDLコレステロールは閉経前は低めですが、閉経後は急速に上昇していきます。一方、HDLコレステロールは減少していく傾向にあります。

 

LDLコレステロール数値の正常値

年齢区分 男性 女性 異常なしとされる判定区分
下限 上限 下限 上限 下限 上限
30~44歳 72 178 61 152 60 119
45~64歳 73 183
65~80歳 84 190

肉や魚、脂質を抑えるだけではコレステロール対策にならない

コレステロール対策には、肉や魚などの脂質を抑えるだけでは十分とは言えません。食事のほかにも運動や、コレステロールを減らす「キトサン」の摂取、ライフスタイルの改善が必要です。

食事対策

コレステロールに気を付けた食事をするためには、食材に含まれるコレステロールの含有量を知っておくことが重要です。コレステロールの含有量一覧表を見て確認しましょう。

 

コレステロールの含有量が多い食品一覧

食品名 mg
たまご(卵黄) 1400
牛肉 240
豚肉 250
鶏肉 120
生ハム 98
生クリーム 120

コレステロールの含有量が少ない食品一覧

食品名 mg
いちご

0

えのき・エリンギ
納豆
豆腐
ところてん
わかめ

卵は特にコレステロールの含有量が多いので注意が必要な食品になります。肉類よりも魚介類の方がコレステロールの含有量が低いのでおすすめです。コレステロールの数値の低い大豆製品を多めにし、油を使った料理、内臓類も控えめにするとよいでしょう。

野菜、果物、豆、きのこ、芋、海藻類などに多く含まれる食物繊維を積極的に摂取しましょう。

コレステロール対策は生活習慣の改善から!

コレステロールのバランスを保つには、コレステロールの変化に合わせて、食事や生活習慣を見直していく必要があります。

 

コレステロール対策に効果的な方法

  • 運動
  • 禁煙
  • 食事の改善
  • 節酒
  • 睡眠不足改善
  • ストレス解消

LDLコレステロールが高いと、動脈硬化が進んでしまいます。これを防ぐためにも食事以外に禁煙や、内臓脂肪を減らすことを意識していくことも重要です。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンはキトサン以外の栄養も豊富

キトサンに加え、阿蘇地方などの九州産大麦若葉を厳選して配合。鉄やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルや、食物繊維、ビタミンB2、葉酸などがしっかりと補給できるので、野菜不足が気になる方にもおすすめの健康飲料です。

ちなみに大麦若葉の栄養価を他の野菜と比較してみると・・・

  • 葉酸は小松菜の6.5倍
  • 鉄分はほうれん草の8.8倍
  • ビタミンB2はアスパラガスの9.5倍

になります。これを見ると、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの栄養素がどれだけすごいのかが分かりますね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンのQ&A

ここでは、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンについての疑問をQ&Aで解説していきます。

お試しや初回格安などの特典はあるの?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン「定期お届けコース」を選択すると、初回の特典として以下の特典が受けられます。

 

  1. 初回限定70%以上オフ
  2. 2回目以降の通常価格より10%お得に購入できる
  3. 毎回送料無料
  4. 定期で契約している商品以外も、10%オフ
  5. 定期購入はいつでもお休み可能

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンはいつ飲むのが効果的?

コレステロールが体の中で吸収される前に効果を発揮したいので、「食事の前」もしくは、「高コレステロールの食べものを取り入れる前」にキトサンを摂取しておくと、より効果的に吸収を抑えることができます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは妊娠中に飲んでも大丈夫?

もちろん大丈夫です。

大正製薬の青汁はトクホの青汁であり、国からも認められている健康食品です。

むしろ妊娠中に効果的に栄養を取り入れることができ、コレステロールも抑えることがきるので、ぜひ飲んでいただきたいです。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンで注意すべきアレルギーは?

トクホの青汁なので、安全性は保証されていますが、キトサンは、カニや殻由来のチキンを加工して作られているので、カニなどの甲殻類アレルギーがある方は注意が必要です。

また、稀に大麦若葉でアレルギーを起こす方もいますので、初めて大麦若葉を摂取する方も注意してください。

まとめ

結論コレステロールが高めの人や健康維持に役立てたい人におすすめの青汁

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの口コミ・評価

  • キトサンのおかげでコレステロールの吸収を抑えられる
  • 飲みやすくてコスパも良いので継続しやすい
  • 大正製薬の商品で安全性や信頼性も高い

正直こんなに飲みやすい青汁は初めてだったので驚きました。世間一般では「青汁はまずくて当たり前」といわれますが、想像していた以上に美味しく味わうことができたので感動しました。

それから、キトサンはコレステロールの吸収を抑制してくれるので、毎日摂取することで身体に良い影響を与えてくれそうです!

手軽に続けていけそうなので、これから飲み続けていくことで、身体にどんな嬉しい変化があるのか、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを飲み続けるのが楽しみです。

 

商品名 ヘルスマネージ大麦若葉キトサン
メーカー 大正製薬
価格 1080円(税込み) 1包あたり36円
送料 送料無料
内容量 30包(1ヵ月分)
原材料 大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る