記事の詳細

男性から「女って、何考えてるか分かんない」こんなセリフ聞いたことありませんか?

世の中のほとんどの男性は、女性に振り回されているのです。

[スポンサードリンク]

「え?そんなつもりじゃないし!」っと思ったことがある女性のために、今回は、男性を勘違いさせてしまう危険なセリフ4つをご紹介したいと思います。

1.「私、○○さんに凄く興味があったんですよ~」

このセリフを言ったことのあるあなた、注意しましょう。

あなたはきっと「ただ可愛がられたかった、好感を持ってもらいたかった」だけのはず。

しかし男性は「え……そうなの?それって俺のこと前から好きだったってこと?!」と、なってしまうのです。

好きではない場合、「興味がある」と言ってはいけません。

2.「かっこいいです~・モテそうですね」

男性は好きではない女性に対し「綺麗だね・可愛いね」とは中々言えません。

しかし女性は好きではない相手でも簡単に褒めることができます。

日頃から「カワイイ~」と言い慣れていますから、その延長で褒めてしまえるのです。

男性はそんなことは露知らず、「こんな素直に褒めてくれるなんてもしや俺に気があるんじゃ……」など妄想を膨らませてしまうのです。

あまり唐突に褒めることはやめましょう。

[スポンサードリンク]

3.「今度ウチ来ていいよ!」

これは確実に「俺、誘われた!マジで?!家行っていいの?!ヤッター!」となってしまいます。

しかし、女性からすればただ「家に遊びにおいで~今度」という社交辞令にすぎないのです。

そこで勘違いしてしまった男性がアプローチしてみると、痛い目に合ってしまいます。

同性とちがって異性なわけですから、この辺りは配慮して言葉を選びましょう。

4.「私もすきよ」

この「すき」はもちろんライクのすきです。しかし男性の言う「すき」は、絶対「ラブ」のすきですから、軽はずみに言ってはいけません。

そして、このセリフを言う女性は簡単に男性にボディータッチするのが特徴です。だって女性からしたらライクですからね。

「雰囲気で分かるでしょ」と言ってしまえばそれまでですが、男性は女性とは違って単純にそのまま捉てしまう 言わば純粋な生き物なので、女性はきちんと配慮してあげましょう。

いい女は絶対「人の気持ちを踏みにじらない」

いい女、小悪魔のように相手を振り回す、そんなテクニックも確かに魅力的ですが、それと「人の気持を踏みにじる」のとは また違います。

人を傷付ける行為は、相手の気持ちに立てない人間と同じですから、そこを考えて男性と接してくだい。 そして、良い恋愛をしましょうね。

[スポンサードリンク]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る