記事の詳細

寒い冬は、朝ごはんの時間も削ってお布団に入っていたい…そんな貴方も多いはず。

朝ごはんを食べる習慣は、良いことづくめなのです☆

この記事を読んで、明日から朝食生活始めませんか?

[スポンサードリンク]

◆朝ごはんの効果

勉強や仕事がはかどる

朝ごはんを食べることで、栄養が脳に送られ脳のスイッチが入ります。

また、体温が上昇するので、体全体が「活動モード」になるそうです。

太りにくい体質になる

昨日の晩ごはんから何も口にしていないまま昼ごはんを摂ると、半日以上栄養を摂取していないため、「プチ飢餓」状態となり、基礎代謝が落ちてカロリー消費力が落ちてしまいますし、栄養を過度に吸収・蓄積してしまうようになるようです。

便秘解消で肌荒れ改善

寝てる間は、消化器官などもお休みモード。

朝ごはんで消化器官を起こしてあげることで、便秘の解消にもつながります。

便秘解消は、肌荒れ改善・痩せ体質実現の近道ですよね。

[スポンサードリンク]

◆朝ごはんに摂ると良いもの

果物

朝に果物を食べると脳にブドウ糖が送られ、脳が一日活発に動いてくれます。

フルーツメニューを是非取り入れましょう!

  • バナナ・りんご (+食物繊維)
  • みかん・柑橘類 (+冷え性改善、基礎代謝アップ)
  • 柿(+ビタミン)

和食

和食は体に良い成分が豊富に含まれています。

冷蔵庫や冷凍庫に常備できるものも多いので、ぜひ和朝食も取り入れていきましょう!

  • ごはん (グルテンフリー。腹もちも良い)
  • 味噌汁 (大豆イソフラボンや必須アミノ酸が摂れる)
  • 納豆  (大豆イソフラボン・血液サラサラ作用)
  • お漬物 (食物繊維・免疫力向上効果)

おわりに

いかがでしたか?

まだまだ寒い日が続きますが、朝ごはんを食べて、毎日元気に過ごしましょう!

[スポンサードリンク]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る