記事の詳細

これからの季節、鍋パーティーやクリスマスパーティーなど、女子会、または男女混合で家に集まってワイワイと楽しいひと時を過ごす機会が多くなりますよね。
外は寒いし、こたつ囲んで気の合うお友達同士で話す話題と言ったら……仕事の話?

プライベートまで仕事の話はしたくありませんよね。

同じ趣味を持つ人達の集まりなら、その趣味の話は尽きないかも知れませんが、たいがい最終的に話は恋の話へいってしまうのでは?

では、皆さん大体どういった恋バナで盛り上がっているのでしょうか?

[スポンサードリンク]

今回は、皆さんがよく語り合っているそんな「恋バナ」の話題を紹介したいと思います。

◆1:あなたはSタイプ?Mタイプ?

「ねぇ、あんたは絶対Sだよね」
「やだ、私Sと見せ掛けて置いてのMよ。実は」
などなど、こんな会話で盛り上がるわけです。
何がS? M? と分からない方のために解説しますと、S(サディズム)相手に苦痛を与えて性的興奮を得る、と言う
意味です。苛めるのが好きなタイプということですね。
M(マゾヒズム)相手に苦痛を与えられ性的興奮を得る、と言う意味です。苛められて喜ぶタイプということです。
普段清楚でおとなしそうな女の子が「私実はSなの」と告白しようものなら、その意外性にその場にいた全員が「うそでしょ?!」
「マジで?!」と、大興奮状態になったりしてこの話題は盛り上がること間違いなしでしょう。
しかし、アルコールの力でかなり開放的になっていないと、清楚な彼女は本当の事を告白してくれないかも?!

◆2:あなた何フェチ?

何フェチ、というのは「フェティシズム」のことで、ちょっと変わった趣味、嗜好があるという意味でも捉えられますが、ここでは
簡単に異性のどこに執着するか、という意味の方が近いかもしれませんね。
女の子なら、血管フェチや鎖骨フェチなど、それを見ると「キャーッ!」という気分になるのです(笑)
それぞれに色んな部位のフェチがあるので、皆の話を聞いてみるときっと楽しいでしょうね。
ちなみに、臭いフェチというものもあります。
どんな臭いに興奮するか、などちょっと深い所まで語り合うのもきっと盛り上がりますよ。

[スポンサードリンク]

◆3:浮気ってどこから?

「手を繋いだ時点で浮気だよ」
「ご飯に二人っきりで行った時点で浮気」
「いや、キスまではOKでしょ」
など、話は尽きませんね。
少し重たい気もしますが、きっとこれは人それぞれの意見や考え方があって面白いのではないでしょうか。
これによって、自分では気が付かなかった人とは違った恋愛に対する考え方にも気が付くかも知れませんし、絶対に譲れない意見というものが自分の中に確立されていることにも気が付くかも知れませんね。
また、人それぞれのボーダーラインも分かって色んな意見が交わされそうですよね。

◆4:ファーストキスはいつだった?

それぞれの甘い思い出とともに押し寄せてくる羞恥心で、この話題になるといつも冷静な男の子でさえうろたえた様子を
見せるため、本当にその場が笑いと共に盛り上がることでしょうね。
アンケートなどでは、高校生でファーストキスを体験した、という人が一番多いようです。
2位は意外に社会人になってから経験した、という人。そして3位が中学生で経験した、という結果でした。
中には小学生で経験した、なんて人もいるそうで、早熟ぶりに驚きますね。
この話題は、いつ経験したか、でも盛り上がりますが、どこでどんなシチュエーションで? なんてもっとつっこんだ話まで
聞けそうで皆のテンションがアップしまくること間違いなしでしょう。
しかし、メンバーの中に極まれに「私……経験まだ、なんだ……」なんていう人がいて、その場が凍り付いてしまうこともあるので注意しましよう。

[スポンサードリンク]

◆まとめ:普段隠していることを告白する瞬間が盛り上がる

日常では語ることのない人の裏の顔を知った時は、興奮状態になっちゃいますよね。
「恋バナ」はそんな興奮状態を作り上げるのに最適な話題なのです。「あの人、普段クールなのにすごい可愛い所あるんだ」なんて、意外性を見つけちゃったり、人の裏側は腹を割って話せばよく分かるってところでしょうか。
お鍋を囲みながら、お酒を飲みながら、お友達と「恋バナ」で楽しいひと時をお過ごしください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る