記事の詳細

「プチうつ」とは、軽度のうつ病です。

・何となく気分が浮き沈みしやすい
・笑う事があまりない
・疲労感が続く
・集中力や注意力が低下している
・将来に希望がないと思い込む
・いつもイライラする

などの症状があり、何と30代の女性に多いとされています。
症状が軽いうちはいいですが、悪化すると心療内科などの受診が必要になってきます。
そこで今回は、自分でできるおすすめの気分転換方法をご紹介します。

[スポンサードリンク]

◆普段食べないもの、美味しいものを食べる

美味しいものを食べている時って、やっぱり幸せな気分になることが多いのではないでしょうか。
中でも、普段食べないようなちょっと高級なものをオススメします。
最高の料理に最高のサービスを受けて、贅沢気分を満喫するだけで気分転換になるでしょう。
最近は、エステ付のランチコースなんてプランもありますので、そういったプランを利用してみるのも良いでしょう。

◆音楽・映画を活用する

音楽や芸術は人の心に大きな影響を与えるものです。
音楽なら、自分の「テーマソング」なるものを決めて聴くという手もあります。これを聴くと自然と元気になる、とか
穏やかな気分になる、など自分にピッタリくる音楽を探してみるのも良いでしょう。
また、映画は「泣ける映画」を選んでください。
泣いた後に気分がすっきりした、という経験がある方は多いのではないでしょうか。
涙には、心にも体にも「癒し効果」があるカタルシス効果というものがあるそうです。
交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態へ切り替わることによって、ストレス状態が解消され、リラックス
した状態になるのです。
ぜひ「泣ける映画」を選んで思いっきり泣いてください。

[スポンサードリンク]

◆アロマ・お香などの香りを使う、お風呂でゆったりする

香りや入浴にも多くのリラックス効果があります。
お部屋の中でアロマの香りに嫌されても構いませんが、入浴と香りを組み込んでアロマバスを使ってみるのも効果的ですね。
カモミールやラベンダーなどのアロマオイルをお風呂の中に最高5・6滴ほど入れて入ると、心も体もすっかり癒されます。
アロマは植物の力が助けてくれるものなので、とても心身に優しいんですよ。

◆断捨離をする

いわゆる「余分なものを捨てる・整理整頓をする」ということです。
これは少し気力が必要ですが、プロのセラピストもオススメするとても良い気分転換方法だそうです。
特に、几帳面な日本人向けの方法だとか。
部屋の乱れは心の乱れ、とも言われているように、散らかった部屋を見るだけでどうでもいい気分になってしまいますよね。
また、きちんと整頓された部屋を見るだけで気が引き締まった気分になるものです。
ここは、ちょっと気力を振り絞っているものといらないものを分けつつ、部屋を整理整頓してみましょう。
そのような作業をしているうちに、知らずと集中していてうつうつとした気分もすっきりしてくるはずです。
また違った方向で言うと、爪や髪の毛を切ったりする「不要なものを捨てる」といった行動も良いでしょう。

[スポンサードリンク]

◆まとめ:とにかく気分を変えるということを実行する

うつの気分をそのまま放置することが一番いけません。
とにかく、自分が出来そうな気分転換方法で良いので何か行動してみましょう。
ひとつきっかけを掴めれば、そのまま気分が良い方向へ転がっていくものです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る