記事の詳細

年下君を好きになってしまうこともあります。

一生懸命だけど、まだ頼りないのに恋してしまった。

年下君と付き合うには少しコツがいります。

やはり年上ということもあって魅力は感じさせつつも男性としてのプライドは壊さないようにするというものです。

[スポンサードリンク]

  • 年下君とうまくやっていく方法

年齢を気にしないこと

年齢はあくまで数字です。年齢差のカップルなんて最近じゃめずらしいことじゃありません。しかし、うまくいかないカップルの原因は年の差なんですって。

お互いの年齢差は気にしないことが一番。

年齢なんて関係なくお互いを対等な人間として扱うのが一番です。

年上だから奢ってくれて当たり前、年下は言いなりにならなきゃいけないとかは関係ありません。

しかし、年下君は年上の女性にはやはり優しさは求めています。包容力というのでしょうか。暖かく包み込んでくれるような優しさです。

年下君に年上特有の包容力のある優しさで気持ちを掴んだら、もう離さない!自分に夢中にさせてしまいましょう。

仕事への相談に親身に乗ったり、愚痴を聞いたり、またさりげなく飲み物や食事の差し入れをしたり…。

負担にならないようにやってみましょう。

[スポンサードリンク]

  • 年上女性の色気を感じさせましょう!

年下君は年上女性は経験豊富と勝手に思っていることがあります。あくまで勝手なイメージね。

それを逆手に取ってセクシーな年上女性を演じましょう。

着る服は、大人っぽい色気を感じさせるものを着ましょう。

しかし、色気を感じさせるとはいっても露出しすぎはいけません。

過度の露出は逆効果ですし、ちょっと下品です。

男性が無条件で好きなスカートに黒いストッキングを履いたりと大人の色気を醸し出しましょう。

色気と言っても露出で出せるものではありません。

しぐさや雰囲気からも色気は生まれます。見せるより、隠そうとすると男性は逆に色気を感じます。

座っている時の足の開きを気にしたり、スカートのすそを気にする仕草は色気が感じられます。

そして忘れてはならないのが、言葉遣いです。最近じゃテレビのタレントでも言葉遣いがよいとはいえない女性も人気があります。

しかし、大人の女性であるあまたはそんなことではいけません。

まして年上の女性であるなら美しい日本語を話しましょう。

京都の舞妓さんの話し言葉は色気を感じますよね。

言葉遣いからも色気を出しましょう。

[スポンサードリンク]

  • 年下君も男である!

頼りなく感じる年下君も男であることを意識しましょう。

男たる者、頼られたら嬉しいもの。年上女性に頼られたら男のプライドに火が付きます。

重い物を持ってもらったりとかちょっとしたことから頼んでみるといいですよ。

また男はギャップにも弱い生き物。

しっかりした大人の女性が二人だけの時に見せる甘える仕草。

年下君はもう胸キュンものです。

年下君はこれから自分で育てていくという楽しみがあります。

彼のプライドを傷付けないように年上女性の底力を発揮しましょう。

彼の成長を感じつつ楽しみながら年下君と時を重ねていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る